グラスリッツェン・ガラス工房 Little Guardians
   ヨーロッパ伝統工芸のグラスリッツェンというガラス彫刻屋のウチの猫さんメインブログ。最近はリッツェンより羊毛フェルト寄り
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

Arjuna

Author:Arjuna

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 捨身飼虎
生死観に通じる少々宗教くさい内容です。
読みたくない人はすっ飛ばしてね。


[捨身飼虎]の続きを読む
スポンサーサイト
お星さま | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/06/27(日) 22:18)

 Little Guardian
NY在住の友人の猫、虎次郎くんが現地時間の今月3日に旅立った。
ここのところずっと食欲が落ち、具合が芳しくなく、
ニヤが風邪で食欲が落ち
食べさせるのに一苦労していたのと時を同じくして
友人も苦心して虎くんに強制給餌をしていた。

ずっとずっと具合が良くないと聞いていても、
生きている方が不思議なくらいな状態で頑張っている猫さんも居るし、
虎くんは強運の持ち主の上、今迄にも危機的な状態を乗り越えて来たコだし、
13歳になったばかりでまだまだ若いから
絶対大丈夫だと信じていた。

5年前にリッツェンのモデルとして虎くんを彫らして貰った時
下書き作業や彫刻をしている間ずっと
虎くんは
「あのね、あのね、ウチのママはね♪」
「聞いてきいて♪」
と賑やかにおしゃべりをしてくれ、作業中とても楽しかった。
(残念ながら何を言っているのかまではよく分からなかったが)
そして一昨年の夏に彼女が一時帰国した際に
彼女と猫だらけ展に一緒に参加する
かおりんさんの3人で福岡へ行った時、
見ているだけで楽しくて微笑ましくなる彼女の姿が虎くんとダブリ、
「虎くんソックリと言うか、まるで虎くん見ているみたいな感じ~」
そう彼女に言ったっけ。

人と猫
種類こそ違えどもふたりは一心同体。
虎くんは手塩にかけて育てた彼女の愛おしい子供であるのと同時に
単身NYへ渡った彼女の心を支え続けた、何よりも強く優しい守り神。
そして、常にあたたかい心の拠り所。


このブログ名もそうだが
私のショップ名は Little Guardians である。
Little Guardians = 小さな守護者
動物、というかコンパニオンアニマルと暮らしている人間にとって
彼等、彼女等は小さな守護天使。
そんな思い入れから付けた名前。

生きている時は心を支えてくれ、
逝ってしまってからは、姿は見えずとも側に居て守ってくれる
小さくとも強力な守護者。

虎くんは生きながらにして常に彼女を守護していたのだと思う。

けれど虎くん、
キミのママはキミに守って貰えるのを心から感謝しながらも
キミが健康で長生きしてくれるのが何より一番嬉しかったハズだよ。
キミを健康で長生きさせる為には何でもしたに違いないよ。

お星さまになった今、そしてこれからずっとずっと
いつも大好きな彼女に寄り添って今迄より更に強く守っていくに違いない。

「虎くんに会いたかったな」
そう思った瞬間、頭の中に言葉が飛び込んで来た。
「もう会ってるよ 笑」
そうか、そうだったね。
虎くん、私の所に来ておしゃべり沢山してたんだっけね。
すっごく楽しかったよ。

tola-upphoto.gif


守護天使であり、守護猫である虎くんに
私からもありがとう。

嗚呼、
ウィジョヨクスモの花があれば良いのに……


・ウィジョヨクスモの花(Wijayakusuma)

インド叙事詩、マハーバーラタに出て来る
天寿を全うせずに亡くなった者を蘇生させるという花
マハーバーラタを題材に描いた絵画では
月下美人が描かれているのを目にする
お星さま | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2008/07/06(日) 21:12)

copyright © 2005 グラスリッツェン・ガラス工房 Little Guardians all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。