グラスリッツェン・ガラス工房 Little Guardians
   ヨーロッパ伝統工芸のグラスリッツェンというガラス彫刻屋のウチの猫さんメインブログ。最近はリッツェンより羊毛フェルト寄り
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

Arjuna

Author:Arjuna

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 始まりはじまり
第16回にっぽん招き猫100人展 始まりました。
(↑ 昨日からだけど)
先日告知しましたとおり、今年も作品を出品させて頂きました。

felt_100nin-2014.jpg

もしよかったら、 こちら から投票して頂けると嬉しいです。
全作品は 100人展ギャラリー よりご覧になれます。

ギャラリーの画像、頭の方から撮ってるせいか、
作った本人のワタシ自身が違う作品に見えてしまうという有様。
昨日100人展ギャラリーを見て探しまくってしまった。
足のおっぴらき具合がひとつの見せ所なんだが。

投票は10月末日まで。
どぞどぞ、よろしくお願いします。

暫くトップ固定します
スポンサーサイト
羊毛フェルト | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/10/07(火) 22:56)

 猫のひなまつり展
またしても告知が遅れましたが、
2月1日より愛知県瀬戸市に在る招き猫ミュージアムで開催されている
「猫のひなまつり展」に出展しています。

期間:2月1日(土)~3月3日(月)
時間:10:00~17:00 入館は16:30まで
場所:招き猫ミュージアム1階 スペース29
    愛知県瀬戸市薬師町2番地
休館日:毎週火曜

hina2014.jpg

↑このDM、ホントは私の作品画像が使われる予定だったのだけど、
そのお話を振られた瞬間に(時間的に)ムリっ!!
と即答でお断りしたワタシ。
先月の益子もえぎから間が開いていないこともあり、
完成したのはギリギリ。
常に時間に余裕を持って制作がモットーなのだが、
初めて危ない橋を渡ったわ。

メインのお雛様はこの一組で 他にもお雛様作ったら死ぬfelt_hina20140126-2.jpg

他に猫作品として、普段作品展で出展している
生後2週間程度の赤ちゃん猫より少し成長した、
生後1ヶ月前後の仔猫を5点参加させています。
felt_kitten20140126-05.jpg

…忘れてました。
以前当ブログで紹介した事がある、
改良タイプの赤ちゃん猫も参加しています。

通常、このサイズの仔猫では作らない植毛タイプ。
felt_kitty20140126-06.jpg

実際の画像より明るく映っていますが、
丁度、キトン(キトゥン?)ブルーから各々の色に変化し始めの色合いの
キャッツアイを制作・使用しています。
felt_kitty20140126-15.jpg

珍しく長毛のコも居ます。
felt_kitten20140126-06.jpg

felt_kitten20140126-02.jpg

開催期間が来月3日までと長期ですので、
近くにお住まいの猫好きの方、是非お越しくださいませ。

削りに削った睡眠時間を取り返して人間に戻らねば~。

テーマ:ハンドメイドの作品たち - ジャンル:趣味・実用

羊毛フェルト | 固定リンク | トラックバック:1 | レス:0
(2014/02/03(月) 21:22)

 にっぽん招き猫100人展
少し前から告知していた、
第15回にっぽん招き猫100人展が始まりました。

行って直接見たいけど愛知の瀬戸は遠い。
私はネットで100人展作品を見るばかりなり。
会場に足を運べる方は是非会場へ。
足を運べない方は 100人展ギャラリー をどうぞご覧くださいませ。
私の作品は こちら です。
1票協力してやってもイイよとお思いになりましたら、
右のボタンをポチお願いします。

しかしだな、今年の100人展ギャラリーがアップされ、
自分のページの作品画像を見て思わずため息。
あうー、何てこった。
恐れていた通り、真直ぐ立たずに斜め立ちしてる。
この斜め立ち状態の画像がずっと表示されるのね…orz
100人展開催の28、29日の2日間もこの状態なのね…。
よよよよよ。

暫く立ち直れないわっ。

ってな訳で、下は真直ぐに立った画像です。
これがちゃんと立ってる状態。
felt_bo.jpg

ギャラリー画像の色もかなり薄くなっていて、
こちらにアップした画像が実物に近い色です。

魔除け、始まりや開花を意味するピンク色に、
七宝繋ぎの地紋の着物、
吉祥、招福を願う気持ちが形になった日本の伝統文様、
宝尽くしを描いた袴を穿いています。
因みに襦袢の模様は吉祥文様(宝尽くしと微妙に異なる)とお目出度い尽くし。

顔がハッキリ見えないので作りかけの頭部画像。
felt_bo-face01.jpg

モデルはおっきいです。
felt_bo-face02.jpg

投票期間は10月31日まで。
どうぞよろしくお願いしまーす。

暫くトップ固定します
羊毛フェルト | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:6
(2013/10/31(木) 21:00)

 MJ
第15回「にっぽん招き猫100人展」が終わり、
4日経った今日、作品が愛知から帰って来た。
あら、随分早く返却されるのねぇ、今月中旬頃かと思ってた。

送った時より丁寧かも、に梱包された人形を出して、
遠路遥々お疲れさん、良い働きしてきてくれたかね?
お勤めどうもありがとね。
人形にではなく、床に寝そべり大あくびをしていた
モデルであるおっきいに思わず声をかけた。

bo_13-0917.jpg
体重今までの最高を更新してたからあげません。

さて…
斜め立ちしてると嘆いていた、否、今も嘆き続けている展示だが、
100人展ギャラリーを見た瞬間溜息と共に、
「蹴鞠してるか、マイケル・ジャクソンかよ……」呟いたワタシ。
2時間程前にPCの画像フォルダのサムネイル画像を見ていて「あちゃー」。
そこには着物を着せる前に撮った人形の画像。
felt_bo-13-0822-01.jpg

スリラーとか言って遊んでたんだよね。
だからって肝心な時にマイケル・ジャクソンばりに
斜め立ちしてくれなくても チッ。
戻って来たのを立たせたら、あっさり、しっかり真直ぐに立ってくれるし。

何てこったぁ。
もう笑うっきゃない。

斜め立ち画像は こちら でご覧下さい。
羊毛フェルト | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/10/03(木) 23:11)

 出陣
28日から瀬戸で開催される「にっぽん招き猫100人展」。
依頼搬入の場合は20日に到着指定なのだが、
もしもの場合に備え、少々早めだが昨日発送。

ってか、指定日やら発送やら色々考えて、
何となく落ち着かない気分で居るのがイヤなのよ、自分。
両親もそう、恐るべき遺伝。

felt_bo-paw.jpg
いってらっさい。
良い働きして来るんだよっ!

発送を済ませ漸く気も楽になったし、
今朝荷物追跡をしたら既に現地営業所に着いてる。

只ね、出展作品をいつも置いてあった場所を見ると、
当然だが見慣れた姿が無い。
何か寂しい。
ほぼ実物大の猫サイズって事もあって、
置いてあった時は邪魔だったんだけどねぇ。


羊毛フェルト | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/09/18(水) 22:06)

 本物はどっち
生々~
felt_bo-tail.jpg

bo_13-0903-02.jpg
猫又になるには大分早いと思う。

niya_08-1101.jpg
だよねー。
20歳をギリギリ迎えたニヤだって猫又になった気配なかったもん。
しかし、化け猫にはなってた気がする。

maneki-15th.jpg
昨日届いた 第18回来る福招き猫まつり in 瀬戸 のチラシと
それで行われる にっぽん招き猫100人展 のDM。
ハイ、一番上のおっきいの尻尾と並んでるのは、それに出展するものです。

数ヶ月間ずっと忙しかったのは出展用に制作に没頭していた為。
制作中の数ヶ月間は「1ヶ月過ぎるの速過ぎっ!」と訳ワカラン状態で過ぎた。
ニヤの命日の前後暫くの間、
落ち込んでどよ~んとしてる心の余裕すら無かった程。
漸く一段落ついて気付くと、夏真っ盛りを通り越し酷暑。

全ての息抜きや娯楽を捨て、友人からの遊びの誘いも断り、
その甲斐あって、無事予定より早めに完成したのが8月中旬。
(単に期限が迫って焦って作る「お尻に火がついた」状態が嫌だからね。焦って作っても手抜きに繋がるし、ギリギリに完成したら冷静な目で見直しも出来ないし、“寝かせる”事も出来ない訳で。無論、期限に迫られた方が力を発揮出来る、良いものが作れる場合はそれでイイのだ)
羊毛フェルトほぼ実物大の猫の人形(モデルはおっきい)、
梱包と発送を待つばかりなり。

否、無事発送するまで気は抜けないし、抜かない。
羊毛フェルト | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2013/09/08(日) 22:02)

 今更アップ
以前 、着付したらまたアップすると書いたこの着物。
kimono_13-0303_01.jpg

とーーーーーっくに着付してあったのだが、
なかなかこちらに書くに至らず日の目を見なかった(見せなかった)。
私の作ったモノ達ってそういうの凄く多いのだけど。

6月に吉祥寺パルコで開催された作品展に出品したそれ等。
良い人の所に嫁入りするのよ~。帰ってくんな。稼いでこーい。
と送り出したのだが、しっかり帰ってきてくれましたわ。

↓これなんだけどね。
or_13-0603-01.jpg

作ってみてから、友達の会社設立祝いに作った福くんと
顔の模様の入り方が同じだって気付いたんだけど、
縁も所縁も無い全く違う猫さんなんすよ。
画像を並べて見ると表情が全く違うわ。
fukuodori01.jpg

国芳の画を参考にポーズを変えたつもりだったのだけど、
何だか結局同じような感じになってしまった orz。
or_13-0603-03.jpg

それともひとつこのコ。
wlbaby_13-0603-02.jpg

赤ちゃん猫用に今迄使っていた目を少し改良した目を使用。
(改良前:左 改良後:右) 
babyeye_12-1229.jpg

目だけでなく植毛タイプの羊毛フェルト人形の欠点改良タイプ。
(何が欠点か分かる人は分かる)
wlbaby_13-0603-04.jpg

お腹のピンクの地肌が透けて見えるトコが萌ポイント。
(画像だと分かり難いけど)
wlbaby_13-0120-07.jpg
毛が抜け易いのが新たな欠点なんだよねぇ。
羊毛フェルト | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/08/11(日) 22:15)

 Yoko
前にちょろっとアップしたこの画像
yoko_20120402_04.jpg

漸くシーズン到来、今を逃すと来年になってしまうので
全貌を紹介します。

単なる黒柴を作ったものと言ってしまえばそれでお終いなのだが、
一応モデルが居ます。
世界的に有名な人の飼ってるコ。

日本好きな方らしいので着物を着せてみようと思ったのだが、
どう言う訳かなかなか似合う生地が無い。
やっとの事でこれなら何とかなるか?
となったのが桜の柄の生地。

何てこった、超が付くシーズン限定物。
日本国内だったらシーズンを外したらアウトだけど、
海外の人だしイイか~、
それに似合わない色柄よりマシかもとこれにて決定。

結構似合ってる。
yoko_01-2012.jpg

で、打ち掛けっぽいのも作ってみた。
ってか、こっちを作りたかった。
ちょっと雰囲気が姐さんぽくなる。
yoko_02-2012.jpg

で、飼い主はこの方。
yoko_03-2012.jpg

分かり難いので羽織らせない状態の画像。
gaga_btw.jpg

はい、レディー・ガガのアルバム、Born This Way
本当はアルバムと同じに
モノクロで手描きした生地で作りたかったのだけど、
どうしようもなく滲んでしまい撃沈。
仕方なくコピー機にかけて制作したのだが、
黒い部分が灰色にしかならない。
キッチリ黒が出てくれたら裏地の紅絹が映えて綺麗だったのに~。

特にガガのファンではないけど、
着物を着た犬か猫を作りたかったのと、
丁度ツアーで来日前と言う事もあり、
当時話題性があったので作ったもの。

しかしだな、ネットの海を世界中探して見つけた
ヨーコ(Gagaの愛犬の名前ね)画像は4枚。
うち2枚は子犬の頃のもの。
残った2枚も羊毛フェルトを作る資料としては向かないもの。
我が家では柴犬を長い事飼っていて、うち3匹が黒柴だったのと、
ヨーコの容貌が古いタイプの柴保の黒柴風だったので、
こんな感じか? と作ってみたのだが、
果たしてご本尊様に似ているのか?
あたしゃ分からんです。ハイ。
人間同様に動物も種類が同じでもそれぞれ顔が全く違うからね。

黒柴ってこんなんだったっけ?
家族に聞いたら、黒柴は裏白(お腹の色の事)だの等々。
はて、そんなんだったか?
なんて指摘まで出る始末で、終いには隣の家の犬が黒柴じゃん!
思い出し、道路の方まで出て昼寝をしているのを目撃したので、
チャーンスとばかりに色々と観察までさせて貰いました。
クロちゃん、お手伝いありがとね!

羊毛フェルト以上に友禅、
それも無線友禅の技術を身に付けたいと切実に思った一品。

作りっ放しで放り出してあるけどどうするよこれ?
羊毛フェルト | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/03/22(金) 22:01)

 可愛さの黄金比率
ゆるキャラに“ふっかちゃん”というのが居る。
可愛いモンとかあまり興味ないが、ふっかちゃんは結構気に入ってる。
基本、怪獣とかキモカワ系の方が好きなのだが。

↓ふっかちゃん。カワユス
fukkachan1.jpg

ふっかちゃん可愛いよねーって程度で
あとは特別どうこうって事は無かったのだが、
今年になって突然母がふっかちゃんグッズ、
特に携帯ストラップやキーホルダー系の物を異常に欲しがるようになった。
ネットで調べてみたがこれってのが無くどれも決め手に欠ける。
いい加減「ほしいほしいほしい」煩いので、
手が空いたら羊毛フェルトで作っちゃると言った。

羊毛フェルトでメイン作っている物はリアル猫。
マスコット系、しかもゆるキャラみたいに可愛いのがウリのものは
そんなに作る気になれないのだが仕方あるまい。
それに小さいのって個人的に作り難いのだ。

で、出来上がったのが↓これ
fukkachan2.jpg
作った順に左から1号、2号、3号。
最初に作ったのはふっかちゃんカラーの色が無く、
手持ちの羊毛で我慢せえと作った物。
ネギってより萎びてきた白菜色。
ふっかちゃんの色あればねーなんて言ってたら
母、翌日にはいつの間にか遠くの手芸店まで行って羊毛を買って来た…。
こういう事になると不気味なほどフットワーク軽いんだな…。

で、手に入れたふっかちゃんカラーで作った2号。
はイイのだが何か違う。
ふっかちゃん独特の可愛さがイマイチ。
1号の反省を踏まえ気にして作ったつもりだったが矢張り違う。
輪郭や目鼻口のバランスが難しいんだよね、これ。

むむむむ~~~
となり、大体の大きさを合わせて、
各所の寸法を簡単に取りながら作った3号。
他のよりはイイ出来。
でも比べるとやっぱり違う。
ふっかちゃんの可愛さ恐るべし。
可愛さの黄金比率は何なんだろうか。
母が喜んでるからエエのんだが。

fukkachan3.jpg

ま、もうふっかちゃんは作り飽きたから余程じゃない限り作らんが。
猫作ってる方がイイわ~。
でもリベンジしたい気も無くはない。
羊毛フェルト | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2013/03/19(火) 22:00)

 春の新作
今年6月に開催される催しに出展の為、
(猫だらけ展じゃにゃーだよ)
制作を始めていた羊毛フェルトの猫の人形に着せる着物。
着物一式が縫い上がるかとても不安だったのだが、
終わってみたらひと月足らずで完成。
本体の羊毛フェルト人形と併せてもひと月ちょい。

あらら~。

とんだ見込み違いと言うか計算違いと言うか。
こんな事なら総刺繍して歌舞伎の娘道成寺にするんだったな。
何を作ろうか、どんな猫にしようか、着物の色柄は、
着物の出来上がり分法は?
なーんて考えてる時間の方が長かったわさ。

で、出来上がった着物はこれ。
kimono_13-0303_01.jpg
丁度、市川団十郎さんの訃報があった時で、
助六のVTRを目にする機会が多く、
あの衣裳の粋さが堪らず、襦袢と着物の色を同じにしてみた。
因みに袴に縫い付けてあるのは躾糸です。刺繍ではありません。
これは出展ギリギリまで付けておきたい

紋は小判。
kimono-mon_13-0303_02.jpg

一々説明せずともこの洒落は解るよね。
先月4日にアップしたフクくんの着物に付けた紋は肉球。
fukuodori_mon.jpg

紋のネタを色々考えてみるのもまた楽し。

着付をしたらまたアップしま~す。
羊毛フェルト | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/03/03(日) 21:57)

次のページ
copyright © 2005 グラスリッツェン・ガラス工房 Little Guardians all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。