グラスリッツェン・ガラス工房 Little Guardians
   ヨーロッパ伝統工芸のグラスリッツェンというガラス彫刻屋のウチの猫さんメインブログ。最近はリッツェンより羊毛フェルト寄り
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

Arjuna

Author:Arjuna

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 作品展
今日から毎年恒例のグループ展初日。
伯父の竹馬の友の方主催の会であり、
ヒヨッコながら、伯父の後釜として、と言うより伯父の顔で
4年だか5年前から参加させて頂いている。

・・・つか平均年齢が高過ぎる為に、ひとりふたりと亡くなり
年々人数が少なくなっているので
「こりゃアカン」と平均年齢を下げる目的で私を入れたという話もちらほら 笑。

初めて出展した時は皆さんのレベルの高さと
作品の持つ迫力に気圧されっ放しだったが、
回数を重ねる毎に慣れて行き、どんどん面の皮が厚くなるワタシ。

今年も力作揃いで目の保養、勉強になった一日でした。

携帯で撮った画像なので、画質・ピントがイマイチですが、
出展されている作品の数々です。

左から
日本画、篆刻(ちゃんと写ってない)、刻書
刻書に彫られた文字は「生々流転」
(クリックで大きい画像が出ます)
     koujinnokai2007-01.jpg

刻書
一番右から刻書の文字「萬寿」「あさきゆめみし」「空」「光」「農樂」
(クリックで大きい画像が出ます)
     koujinnokai2007-02.jpg



刻書 雲峰先生作品

          koujinnokai2007-10.jpg


空(くう)
          koujinnokai2007-11.jpg

今回出品された作品は小さいサイズのものでしたが
優に2メートルはありそうな作品なんかは大迫力。


N先生作 能面
若女
          koujinnokai2007-05.jpg


あやかし(漢字失念、「怪士(あやかし)」ではない)          
          koujinnokai2007-06.jpg

若女の面は国立能楽堂で行われた観世流の公演
“井筒”で使用されたものとか。
公演の時に撮影された写真を拝見したのですが
後ろシテ(男性役)の顔つきがとても端正で、
同じ面(おもて)なのに、前シテ(女性役)の時よりも素敵~。

N先生が以前、地元図書館で個展をされた時よりも
更に腕に磨きがかかったと感心しきり。

能面は角度、光線等々さまざまな条件で
ひとつひとつ違った表情を見せてくれるのですが、
携帯カメラではその美しさ、表情が写し出されないのが残念~。

しっかしこの画像の若女、
何故か「チャングムの誓い」に出て来たクミョンに似てる気が・・・


Mさんの白磁
     koujinnokai2007-09.jpg

呉須を用いて水墨画のような濃淡で
ふんわり描かれた山野草が優しい、美しい白磁。
この大皿に描かれているのはカタクリ。


Hさんのドローイング
Something she gaze
     koujinnokai2007-04.jpg

実は私、ひと目見た瞬間からこの方の作品のファンです。
一見サラッと簡素な線で描かれたものに見えますが
鬼気迫る迫力と漲るパワーで
今にも動き出しそうに活き活きと語りかけ、どーんと迫ってきます。
あんな小さな体のどこから、
これ程パワフルな作品が作り出されるのか不思議。
(クリックで大きい画像が出ます)


Wさんの書と俳句
          koujinnokai2007-07.jpg


          koujinnokai2007-08.jpg

季語の「メロン切る」に思わず一本取られました~。
ほのぼのとした作風が魅力。

他の方が出品された作品もあるのですが、
デジカメを持って行かなかったので撮影断念~。


で、私のリッツェン
5月の「十猫十色 猫だらけ展」の際にデモンストレーションで彫ってたもの
     koujinnokai2007-12.jpg


猫だらけ展にも出した
フジ子・ヘミングさん
     fujikowithbyonbyon02.jpg


狩野芳崖 「悲母観音(下図)」より習作
     hibokannnon.jpg

これはいずれ大きなガラスを用いてきちっとしたものを彫りたい作品。
グループ展までまだまだ日があるな~とのんびりしていたのですが
「あと10日も無いじゃん!」
そう突如気付き、突貫工事で仕上げたもの。

「メール送ったのに待てど暮らせど返事来ないよ」と思っている皆様
どうもすんません、この悲母観音の突貫工事に専念してました。
やっとこ重い腰上げますので、もう暫しお待ちください~。

作品展搬入の為に
おっきいが家に来てから初めて長時間(とは言っても5時間ちょい)
家を留守したのですが、帰宅した私を見たおっきいに

あんた誰?

って顔されました。 orz
ヲイ・・・、そんな事して良いと思っとるのか?

     ochibi_0907-07.jpg

スポンサーサイト
未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2007/09/27(木) 23:33)

 副作用
昨日のワクチン接種により食欲不振、発熱、顔の腫れが少し。
そして注射を打った箇所を中心に相当に体を痛がり、
ぐったりしていたが、少しずつ症状が改善していき
接種から24時間経過すると、ほぼ完全に元気な状態に戻った。

一番最後まで症状が残ったのが体の痛みで、
痛がらなくなってからも、注射を打った側の足は少し跛をひいていた。
触ってみると、注射針を刺した所だろうか?
筋が当たるような感覚のコリッとしたしこりが触れた。

ワクチンを打った直後に副作用を抑える効果のある薬を飲ませたのだが
それでも、これだけの症状が出てしまうのを考えると
その薬を飲ませなければ、一体どれだけ酷い副作用になったのだろうか。

一晩経ったので幾分引いたものの
普段より顔が少し腫れぼったくなってます
ochibi_0912-07_01.jpg

おっきい | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2007/09/13(木) 22:29)

 正式のお披露目とホラーと2回目のワクチン
書こう書こうと思いつつも
最後に更新した日から2ヶ月以上経ってしまいました~。
仔猫なだけに、2ヶ月間と言えば
著しい成長を遂げるし、実際遂げたのにね。

ヨチヨチ歩きで自力排泄もまだ出来ず、
離乳食への移行が上手く行かず、その上に
ミルクも拒否するようになってしまった時期だったのが嘘のよう。
今では目も止まらぬ速さで駆けずり回り、飛び跳ね、
前足のハンディなんて全く感じさせない。
自力排泄が出来るようになってからはトイレも完璧。
トイレ砂を掘るのも豪快で砂の撒き散らしは天下一品(←これは止めて欲しい)
あれだけ苦労させられた離乳食も
moomamaさんから頂いた、ロイヤルカナンのベイビーに救われ
食べ過ぎて下痢気味になってしまうくらいに
何でもバリバリ食べる子へと成長した。

しかも今は、あれだけ拒否したふやかすタイプの離乳食までうまうまと食べる。
あの時の私の苦労は一体… orz

と、前置きはさておき
約1ヶ月前の8月15日頃、無事におっきいは正式にウチの子になりました。
応援してくださった皆様、どうもありがとうございました♪

ochibi_0817-07_04.jpg

けれど正式な名前はまだ決まっておらず(←ヲイ)
み~んな勝手な名前で呼んでいる次第。
ニヤもそうだったっけなあ…。

なので、今暫くの間は「おっきい」って呼んでくらさい。
(“くらら”も宜しくてよ)



初めて、おっきいをまじまじと見た時に
般若(化け猫か?)と化し、あれだけ怒り抜いたニヤも、
時々猫パンチを喰らわせたりはするものの
「仕方無いね、まあ許しちゃる」程度に、おっきいの存在を認めている。
おっきいから近寄られると少し嫌な顔はしても
自分から近付く分には鼻チューもオッケ。
(仲良くしてくれるのは良いけれど、血液検査が済むまでしないでっ)
どちらかと言えば、仔猫特有とも言える傍若無人ぶりに圧され気味だ。

今日の午前中、ニヤからおっきいの姿が見えないように配慮しつつ
ニヤとおっきいと私の2にゃん+1人で寝転がっていると
暫くしてニヤが立ち上がった。
その際に通り道にしようと思った所に
おっきいが寝そべっているのが視界に入ったニヤは
「なんでそこに居るのよっ、どきなさい!」とばかりに
フーゥゥゥっとおっきいを威嚇した。

その姿を私は寝転がったまま、ニヤを見たのだが
下から見るニヤのご面相の恐ろしい事…。
昨日、ビデオに録画してあった
アメリカのホラードラマ「スーパーナチュラル」(9月4日放送)を見た。
それはヴァンパイアのストーリーで、
その中でヴァンパイアが人を襲う時に歯が生え変わり
牙が生えてくるシーンがあったのだが、
そのシーンのヴァンパイアの顔とニヤの顔がダブった。

ニヤの顔コエエな…
下から見るとこんなに迫力があったとは…。
ふとおっきいを見ると…
普段はチビッコパワー炸裂で怖いものなしなのに
鳩が豆鉄砲を喰らったような顔をして腰が引けていた。

うん、どれだけビックリしたか分かるよ。

ochibi_0828-07_02.jpg


niya_0831-02_07.jpg


[正式のお披露目とホラーと2回目のワクチン]の続きを読む
おっきい | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2007/09/11(火) 22:05)

copyright © 2005 グラスリッツェン・ガラス工房 Little Guardians all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。