グラスリッツェン・ガラス工房 Little Guardians
   ヨーロッパ伝統工芸のグラスリッツェンというガラス彫刻屋のウチの猫さんメインブログ。最近はリッツェンより羊毛フェルト寄り
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

Arjuna

Author:Arjuna

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 20年
今日はニヤのウチのコ記念日。

20年前の7月中旬頃、母が車検だか、車の修理に出した、
自転車で5分程離れた所に在った
以前から付き合いのあった修理工場に行った時に、
母がニヤを見たのが最初だった。
「Sさん(修理工場主)の所で飼っている猫が3匹子供を産んでいて、そのうちの1匹が銀色の夢見るような可愛い子猫だったの」
帰ってくるなり母はそう私に言った。

銀色の夢見るような子猫なんて、一体どんなコだろう?

それから約ひと月後、支払いだかで再度Sさんの所に行った母は
Sさんから、もう(子猫が)生まれて2ヶ月過ぎているし、
ご飯も親と同じものを食べ始めて、トイレも出来るので良かったらどうぞ。
と言われたという。
銀色の夢見る子猫という描写で充分妄想をかき立てられていた私は、
そのコが欲しくて堪らなくなった。

っが……
あれだけ可愛いかわいいと鼻の下を延ばして言っていた母が、
私が飼いたいと言った途端猛反対。
猫嫌いの父には聞くまでもない。
それから2~3日粘った挙句、私の頑固さに父が根負けし、
お許しが出たのが11日だったろうか。

子猫を貰いに行ったのが20年前の今日の4時~5時の間頃だったと思う。
一緒に行った母は未だ反対で不機嫌だった。
Sさん宅へ行き子猫を欲しい旨を告げると、
「その辺で遊んでますから、どれでも好きなのをどうぞ」言われた。
その辺てどこよ? 思ってキョロキョロしていたら、
子猫が3匹駆け出して来た。

シャムミックスが色濃く出ている、ブルーグレーの瞳に
白地に鼻先と耳が褐色で尻尾が縞模様のコが1匹。
キジトラが2匹……。
はて、銀色の夢見るようなコは一体どのコ?????
私の頭の中は疑問符で一杯になってしまった。
ひと月で銀色の毛がキジトラになるなんて有り得ないし、
シャムミックスが出ているコは白ベースではあるが銀色には程遠い。
しかも生後2ヶ月でこの気合の入ったふてぶてしい顔、
夢見るなんて可愛らしさは微塵も無い。
しかし、銀色のコって考えられるのはこれしか居ないよねぇ……。

私は迷った。
とても迷った。
キジトラの2匹は男の子だが、尾が長いか短いかの違いがあるだけで、
甲乙付け難い程、可愛いお顔。
残る1匹がどう考えても私が狙っていた銀色の夢見る子猫。
唯一の女の子なのに、兄弟とはかけ離れたきっつい顔を既にしている。
しかも男兄弟を従え、先頭をきって跳ね回っていた。

う~んう~ん……
キジトラのコにしちゃおうかな……

選びかねてる私を見てSさんは
3匹全部持って行ってくれてもイイですよ~♪ と暢気に言ってくれた。
1匹でも嫌だと言ってる母は2匹なんて許さん、3匹なんて言語道断、
早く選べと小声で言う。

迷いに迷った挙句、「夢見る」は無かった事にして、
綺麗なブルーグレーの瞳がきっかけで選んだ。

それが約20年間共に暮らし、
私にとってかけがえの無い存在になったニヤだった。


[20年]の続きを読む
スポンサーサイト
ニヤ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2010/08/12(木) 22:02)

 I Remember You
ニヤが逝ってしまってからというもの、
何故か私の頭の中を以前よく聴いていた音楽がぐるぐる。
1995年くらいまでだったかな、大音量で聴いていたものだが、
97年にバリ島に行った時にガムランの音にはまり、
バリ島音楽が頭の中を占有するようになり、
そして2000年頃にフジ子・ヘミングさんの奏でるピアノを聴いてからは、
ロックとかの一般的な音楽そのものが耳障りになり、
音の波動で殴られてるような感覚がして、受け付けなくなってしまったのだ。

なのに何故今になって、音の凶器の部類に入りそうな
昔好きだったグループの曲ばかり思い出すのか。
Youtubeで頭に浮かぶ曲を片っ端から聴き漁った。
殆どがちょいバラード入ったラブソング。
比較的音が聴き易く歌い易いこともあって、
ガッコの頃、昼休み中とかに仲間と輪になって大合唱したりした曲。
けれど、ニヤを想う気持ちを代弁しているような曲ばかり。

さっきふと頭を過ぎった曲は
そんな曲の中で一番琴線に触れてしまったらしく、
PVを見ながら涙がボロボロこぼれてしまった。

ニヤが若かった頃、狭い部屋で大音量でガンガンかけまくった煩い音楽。
猫の繊細な耳にはさぞかし迷惑だろうと思っていたのだが、
ニヤはそんな爆音の中で平然と寝ていたっけ。
フジ子さんのピアノを経てクラッシックを聴くようになり、
ホッとしたかもって思ってたけれど、
ひょっとしてニヤ、ハードロックとか煩いのが好きだったの?



PVの主人公はラストで恋人の写真を捨てていくけれど、
私はニヤの思い出にしがみついて離す事が出来ない。
もうニヤの写真が増える事はないって思うだけで泣けてくる。

SKID ROW --- I Remember You


かよさん宅訪問話はもちっと待ってくださいまし~。
つか、うpする前に忘れたらどうしよう 汗。
ニヤ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/08/11(水) 22:18)

copyright © 2005 グラスリッツェン・ガラス工房 Little Guardians all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。