グラスリッツェン・ガラス工房 Little Guardians
   ヨーロッパ伝統工芸のグラスリッツェンというガラス彫刻屋のウチの猫さんメインブログ。最近はリッツェンより羊毛フェルト寄り
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

Arjuna

Author:Arjuna

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 おかえり
お盆中はご先祖様が虫になって帰ってくるという説がある。
初めてそれを聞いた時、ああ成程と思った。
何故ならば近所に住んでいた父方の祖母の家には、
お盆になると毎年同じ所、ひとつしかない北側の窓を開けた
すぐ目の前にある塀に真っ白な蛾がとまっていたから。
何故かお盆になるといつしかそこに現れ微動もせずずっと同じ場所に居続け、
お盆が明けると現れた時同様に知らない内に姿を消していた。

そして今日。
お盆は昨日でおしまいであるが、
ウチのお寺の場合、盆明けの今日、
仏壇に灯していた火を盆提灯に移してお寺に送っていくのだ。
一度「昼ご飯食べてから帰るわ~」とご先祖様が思ったのか、
何度やっても盆提灯に火が移らない事があった(爆)。
そんなワケでお盆期間は8月13日~15日ではなく、
16日の午前までという感覚が我が家にはある。

っと、話が逸れたが、お寺へ送りが済んだ正午前、
キッチンの窓に虫がとまっている影が見えた。
窓を開けてみると網戸の向こうに白い大きな蛾が居る。
子供の頃、毎年塀にとまっていた蛾を思い出し、
ご先祖様まだ帰っていないのかね? と思った。
窓を開けても逃げようともしない。
網戸の向こうに居るのだし、普段締め切りにしてある窓だ、
間違っても家の中に入って来る事は無いと放っておく事にし、
お盆中にご先祖様が虫になって帰ってくる話をした上で、
両親にも追い払ったり、まして危害を加える事はしないよう伝えた。
(父が園芸をしている都合、蝶蛾を目の敵にしていて、ハエ叩きで殺しては外で可愛がっているトカゲや守宮の餌にしているのだ。←トカゲや守宮は虫を食べてくれるから。彼等も父に懐いているのだ)

それだけ言ってハッとした。
ひょっとしたらあれはニヤが帰って来たの?
白い羽の上部には薄茶色の線が入っていて、
真っ白な腹部には規則正しく黒い小さな点。
羽根を広げた姿は分からなかったが、
オフホワイトっぽいベースに薄茶の入った配色はニヤと同じ。
去年は笑ってしまうくらい
「ここに居るよ」アピールをしてくれたのが今年は無かった。
だから居ることを知らせたくて蛾に姿を変えて来たの?
ニヤって事が判るようにわざわざ配色の似た蛾を選んで来たの?

ほんの少し目を離した時にその蛾は姿を消していた。
私が気付いたのに満足して行ってしまったのか?

ニヤ、いつもそばに居てくれてるのは知ってるけど凄く嬉しかったよ。
でも今度は蛾じゃなく猫になって帰っておいで。
そしてまたウチのコになってね。
お願いだから…。
スポンサーサイト
ニヤ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2012/08/16(木) 21:57)

 お盆恒例とおじさん好き
我が家の方ではお盆中は菩提寺のお坊さんが檀家の家を回り、
お経を唱えていくという事が行われている。
子供の頃お盆中に千葉出身の母方の祖父母の家に泊まった時や、
従姉の新潟のお祖母さんの家に泊まった時に全く遭遇していないので、
ウチの方だけ…いや、ウチのお寺だけの事なのかもしれない。
まあね、お寺の収入になる訳だからお寺も必死かと。
(ウチの寺の現住職特にがめついし~)

毎年恒例で我が家にお経を唱えに来るお坊さん、
それを目にする猫の行動が結構面白い。

3年前にお坊さんが帰った直後のニヤとおっきい、
普段おっきいが50cm半径で視界に入って動かれるのを嫌がったニヤだが
この日だけは結託してたとしか思えないような行動で、
あまりにも二匹の姿が可笑しくて撮った写真。
この時はホント仲良く、
仏壇前に置いたお坊さんが座っていった座布団チェックしていたっけ。

niya-bo_09-0814-01.jpg

niya-bo_09-0814-02.jpg

この粗1ヶ月後にニヤの調子が悪くなり、
獣医へ駆け込んだらBUNがもの凄い数値になっていて、
余命宣告をされるとは夢にも思っていなかった。
そのくらい元気だった。

 ・
 ・
 ・

で、この時から丁度3年経った昨日、
日を同じくしてお坊さん来訪。
私は現場を見ていなかったのだが母が言うには、
おっきいはお坊さんが来ると側に近付き(これは誰にでもやる)、
お坊さんの後ろにちょこんと座り、お経を神妙に聞いていたとの事。
帰った後もしつこく座布団を嗅いでいた。

…神妙にってね、ただ単に珍しかったんだと思う。
見慣れない格好をしている上に猫にとってはお経なんて意味不明だろうし。
それにおっきいは音に対して凄く神経質だし。

因みに、
いつもは居間続きの仏壇が置いてあるその部屋で、
私が部屋に寝に行くまでカゴの中で寝てるのに、
昨夜は近寄りもしなかった。

昨日はお坊さんの他に叔母が来たのだが、
来客があると必ず頭突きに行くおっきいがそれをしない。
猫好きで猫の多頭飼いをしている叔母はおっきいを抱っこしたくて一生懸命。
ニヤと違ってお客さん好きなのにどうしてだろう?
考えていたのだがふと気付いた。
よくウチに来る近所のおばはんもおっきいに嫌われている。
それに対し男の人、それもおじさんには
すきーーー
と頭突きをしに突進しに行く。
(1歳未満の時は足の臭いおじさんが特に好きだった)
女性は大丈夫だけど、男性は苦手ってのは割りと聞くが、
おっきいはどうやらおじさん好きなのねえ。

しかし、今日、別の親戚の小母が来た際に
興味津々だったのには意味不明。
この小母の旦那さんの小父(=足が臭いおじさん)は
ちっこい頃から好きだったのよねえ。

bo_10-0722-03.jpg

そだね、Mimiさんやこゆきさんが来た時は、
かわゆくしてたモンね。
おじさんの方が喰い付き良いのは内緒にしとくよ。
おっきい | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2012/08/15(水) 21:28)

copyright © 2005 グラスリッツェン・ガラス工房 Little Guardians all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。