グラスリッツェン・ガラス工房 Little Guardians
   ヨーロッパ伝統工芸のグラスリッツェンというガラス彫刻屋のウチの猫さんメインブログ。最近はリッツェンより羊毛フェルト寄り
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

Arjuna

Author:Arjuna

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 おっきい6歳
おっきいを保護して今日で丸6年。
多分誕生日は5月31日かその前日の30日。
100gもないちっちゃいコだった。
兄弟のちっちゃいは小さなおっきいより更に小さなコだった。
保護してすぐ死んでしまった小さなちいさなちっちゃい、
生かしてあげられなくてごめん。
tenori-zu_01.jpg

普通に乳飲み子の赤ちゃん猫を育てるのは大変だが、
色々と問題があり尋常じゃなく大変だったおっきいだったけど、
赤ちゃんの頃が信じられないくらい元気に育ってくれた。

こんなに可愛くて、うんともすんとも言わない
(ってか、恐らく生来のクル病のせいで鳴くことすら出来なかった)
大人しい子だったのに
okkii_12-01.jpg

こんなんなってくれやがった…orz
(かなり本気で怒った直後で凄い憮然とした顔)
bo_13-0513-01.jpg
否、贅沢は言わない、
元気に育ってくれさえしてくれれば良いと
授乳→離乳→自力排泄出来るようになった
(どれも一筋縄じゃ行かなかったんすよ)
と手が離れるまで言ってたから良いんだけどね。

ニヤの事があっておっきいを全く構ってやれなかった3歳の誕生日。
ニヤに逝かれてしまったのと、命日が近いのもあり、
誕生日を祝ってやろうって気すらなれなかった4歳と5歳の誕生日。
3年連続で悪い事したね。
bo_13-0513-04.jpg

ニヤにだって誕生日だからって特別な事はしなかったのに、
おっきいに特別な何かおいしいをあげるワケないやん。
そうじゃなくても普段から肉や魚を色々と食べてるんだしー。
bo_13-0513-03.jpg

咬むなーーーっ!

いつも元気でいてくれてどうもありがとね。
でもね、まさかあれだけ大人しいコが
癇癪持ちの超ど級の怒りん坊になるとは当時思わなかったよ。
怒りん坊だったニヤもおっきいには負ける。
ってか、ニヤが逝ってしまってから癇癪が酷くなったよねぇ…。
怒るのは別に構わないんだけど、
場所構わず咬み付くのは止めてくれ~。
乳歯並みに細くて尖ったおっきいの歯は
薄着の季節には厳しいんだからさ。

行く末が伺える一枚。
okkii_19-03.jpg

これからもずっとずっと元気で面白くて明るいコでいてね。
スポンサーサイト
おっきい | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2013/05/31(金) 22:07)

copyright © 2005 グラスリッツェン・ガラス工房 Little Guardians all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。