グラスリッツェン・ガラス工房 Little Guardians
   ヨーロッパ伝統工芸のグラスリッツェンというガラス彫刻屋のウチの猫さんメインブログ。最近はリッツェンより羊毛フェルト寄り
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

Arjuna

Author:Arjuna

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 始まりはじまり
第16回にっぽん招き猫100人展 始まりました。
(↑ 昨日からだけど)
先日告知しましたとおり、今年も作品を出品させて頂きました。

felt_100nin-2014.jpg

もしよかったら、 こちら から投票して頂けると嬉しいです。
全作品は 100人展ギャラリー よりご覧になれます。

ギャラリーの画像、頭の方から撮ってるせいか、
作った本人のワタシ自身が違う作品に見えてしまうという有様。
昨日100人展ギャラリーを見て探しまくってしまった。
足のおっぴらき具合がひとつの見せ所なんだが。

投票は10月末日まで。
どぞどぞ、よろしくお願いします。

暫くトップ固定します
スポンサーサイト
羊毛フェルト | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/10/07(火) 22:56)

 100人展巡回展
にっぽん招き猫100人展巡回展のお知らせです。

今回、初めて関東での100人展巡回展が実施予定されています。

会期 : 2014年 10月11日 (土)~27日 (月)
会場 : 北鎌倉古民家ミュージアム (旧 鎌倉古陶美術館)
     〒247-0062 神奈川県鎌倉市山ノ内392-1
問合せ : 0467-25-5641
開館時間 : 10:00~17:00 休館日●月曜日(祝日の場合は火曜日)
入館料 : 一般 500円 中高生 300円 小学生 200円

北鎌倉古民家ミュージアム
JR北鎌倉駅下車 徒歩2分。(駐車場はございません)


ワシも見に行けるかな?

こちらも暫くトップ固定します
未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/10/07(火) 22:55)

 ニヤの花
好きな花は? と聞かれたら迷わず
蓮の花とキングプロテア! と私は言うであろう。
でっかくて存在感のある花が好きなのだ。
bo_14-0822-02.jpg
それは流石に嫌。

さておき、ニヤにはニヤをイメージさせる花がかなり前からある。

ひとつめは淡いピンクのバラの花。
淡い色がニヤの毛色に、
そして、綺麗でいてトゲトゲしいから。
綺麗な花には棘があると例えられる、そこがニヤそのもの。
トゲトゲしくてキツい性格だったけど、優しいコだったけな。

ふたつめは白い胡蝶蘭。
中が紫のではなく、中心部分が黄色で斑点の入っている昔ながらの方。
可憐でちょっと寂しげな佇まいが、ニヤの雰囲気と被るのだ。
niya_06-0610-07.jpg

みっつめはバイカウツギ。
これはニヤが魂猫さまになった2010年6月9日頃丁度、
我が家の狭い庭で咲き誇っていたからなのと、
その年の秋(丁度今頃だったかな?)狂い咲きで2度咲きした事と、
以降4年間、我が家のバイカウツギが花をあまり付けなくなったからである。
そう、ニヤがお引越しする前は良く咲いていたのに、
お引越し後は余り咲かなくなったその姿が、
ニヤの分身のように思える哀しい思い出の花。

そしてホトトギス。
ぱっと見た目はちょっと毒々しいのだけど、
花全体に入る斑点がニヤの顔の毛の模様を思わせる花。
hototogisu.jpg

そのホトトギスが台風16号の前は見えなかったのに、
16号一過の朝、突如という感じで咲き出したのか姿を現した。
これから暫くの間次々と小さな花を咲かせ、
11月中旬頃まで楽しませてくれる。
どの花も好きだが、このホトトギスが
「ニヤの花」の中で一番好きかもしれない。
それ位にニヤを思い出させてくれる花。

台風一過の後に突然咲いてその姿を現したように、
また私の所に戻って来て欲しいなあ。

bo_14-1007-02.jpg

う~ん

うーーーん

 ・

 ・

 ・


瓢箪・・・かな

bo_14-0924-02.jpg
うんにゃ
花じゃなくて実がね…
おっきいの体形そっくりなんすよ。

bo_14-0723-02.jpg

瓢箪の実もワシは好きだよ。
面白味があっていいじゃん。
ほれ、そんなトコもおっきいに似てる…ってフォローになってないか。
ニヤ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/10/07(火) 22:07)

 秋の味覚
保護当時のおっきいは目ヤニがそこそこ出ていて、
時々目ヤニで目が開かない時もあった。
罹りつけ医で出して貰った目薬でそれは治ったが、
今でも少し左目が涙目っぽい。

で、先日の事。
人間の晩御飯に約2年ぶりのサンマ登場。
海無し県の内部在住の為に、魚が不毛極まりない土地で、
食べられれば何でも良いのなら何処でも簡単に手に入るが、
美味しいのを食べたいと思ったら入手は難しい。
でもって行きつけの魚屋さんが納得のいく物以外は売らない主義の上に、
ウチが味にうるさいのを知っているので、矢鱈なものは売ってくれない。
そんな訳で去年はサンマが食卓に上らないまま時期が過ぎ、
漸くお目に掛かったサンマ♪ ヤターーー!!

喜ぶのはニンゲンだけでなく、猫も然り。
テーブルに着くや否やおっきいは
テーブルの上に乗り、サンマの脇に貼り付き
クレクレ大騒ぎで落ち着かない。
盛大におねだりするおっきいに食べさせながら
自分の口にも入れなきゃならないので、落ち着いて食事どころじゃない。

ニヤもそうだったなぁ
なんて魚を食べる時はいつもちとしんみりしつつも楽しくもある。

おっきいとの落ち着きのない、賑やかで楽しいサンマ祭りを終え、
まだ物欲しそうに未練たらたら、
食べ終えたサンマの残骸を見つめるおっきいの顔見た時だった。
ナニその顔はーーーっ!!?
思わず叫んだワタシ。

おっきいの両目から涙が溢れ、酷い顔になっていたのである。
丁度、巨人の星で飛雄馬が泣いてるシーンのような感じ
と言えばご理解いただけるだろうか。
おっきいよ、そんなに泣くほどサンマが食べたかったのか?

bo_13-0505.jpg

おっきい今ダイエット中だし、魚食べると太るじゃん。

以来、おっきいの涙目に悩まされているワタシであった。
おっきい | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/10/03(金) 22:39)

copyright © 2005 グラスリッツェン・ガラス工房 Little Guardians all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。