グラスリッツェン・ガラス工房 Little Guardians
   ヨーロッパ伝統工芸のグラスリッツェンというガラス彫刻屋のウチの猫さんメインブログ。最近はリッツェンより羊毛フェルト寄り
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

Arjuna

Author:Arjuna

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 嬉しかったコト
今日、夕飯を食べている時の事。
私が座っている椅子から爪とぎをする音が聞こえた。
おっきいがいつものように爪とぎがてらに椅子に脚を乗せ、
膝の上に乗りもしないのに「のせて~」とばかりに顔を覗かせているのだろうと、
テーブルの下を覗くと居ない。
?と思い、居場所を確認すると
おっきいはそこから2メートル程離れた所に居た。

…と言う事はニヤだーーーっ!!

盛大にバリバリという感じではなく、音は小さめだったし、
ニヤが私の椅子で爪とぎをする定位置から少しずれていたけれど、
椅子に張った布が爪に引っ張られる感覚をも足に感じた。
爪をとぐ音は向かいに座っていた母も聞こえたと言う。

ニヤが逝ってしまってから4ヶ月と24日、延べ日数にすると137日。
姿は見られなかったけれど、初めてニヤを実感出来た。
否、正確に言えばひと月も経たない7月5日の夜、
眠ろうと横になったらにニヤの匂いが途切れ途切れに漂ってきたし、
かよさん宅訪問をした際にはニヤの存在を感じた。

が、匂いがしたのはニヤの匂いではあっても、
父の膝の上が大好きだった為、入浴後に膝を占領してナデナデされ、
手についたヘアトニックの臭いがそのままニヤの毛に付いたという
ニヤが居るのが分かって凄く嬉しいのだけど、
ヒジョーにビミョーな気分だったという複雑なもの。
(魂猫さまになってもその臭いというか匂いを引っ張ってるとは orz)

かよさん宅訪問の時に感じたのは実感は一切伴わない、本当感覚的なもの。

毎日のようにニヤの遺骨の入った骨壷を撫でたり、眺めたりしながら
「どこに居るの?」と泣き崩れている私に
「ここに居るよ」と答えてくれたような気がした。

ニヤ、ありがとうね。
毎日そうやって傍に居るのを教えてくれるともっと嬉しいな。
ニヤ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2010/10/23(土) 21:05)

<<2度目の嬉しかったコト | ホーム | やっとこさ>>

コメント
 
はじめまして
ロム専ですが秘かに拝見していました。

私のパートナーのまろがお空に翔んでいったのが6月16日です。
ニヤさんの旅立ちと近いのと、その後に書かれているArjunaさんのお気持ちが、ドキッとするほどそのまま私の想いだったので、何か救われたようなそして暖かい涙があふれてきて。。。

今年は猫だらけ展へ3回も行ってきました。
Arjunaさんにもしかしたらお会いできるかなと思ったのですが、今年は参加されていらっしゃらないとmoomamaからお聞きしたので、今日勇気出してきました。

私も毎日、まろ行ってくるからね。まろただいまだよ。遅くなってごめんね。~と毎日の習慣を今はお骨に手を添えて言ってます。

本当は胸に抱きしめたい。(でもお骨が動くのが心配でできません)
モフモフにさわりたいです。
あいたいです。
URL | 宙 #UbCtKfmc | 2010/11/07(日) 15:13 [ 編集 ]

  宙さん
はじめまして。
殆ど更新していないブログをロムしていて下さり
どうもありがとうございます♪

猫だらけ展BBSで宙さんの書き込みを拝見し、
比較的最近猫さんとお別れをされた方とは分ったのですが、
ニヤと1週間しか違わないのですね(泣)。
今迄にも動物家族とのお別れは何度も経験して来たのに、
今回のような気持ちになるのは初めてで
戸惑いすら感じているのと同時に、
同じ想いの人がいらっしゃるのを知り、
安堵するのと同時に救われた気分すらします。

猫だらけ展に3回も!
どうもありがとうございます(←って私が言うのも変ですが 笑)
楽しみにされていたご様子なのに、
今年は参加はおろか、
ギャラリーにお邪魔する事も出来ずにごめんなさい。

ニヤの事があったのが元々の原因だったのですが、
ここ数ヶ月の間に色々あり、もしニヤが元気だったとしても、
今年は参加出来る状況ではなかったみたいです。

猫だらけ展にお邪魔は…
去年の初日前日がニヤの旅立ちの
カウントダウン開始日になってしまったので、
どうしても気持ちの問題もありお伺い出来なかったのです。
(しかも期間中急病人まで出る始末で トホホ)

まろちゃんのお骨に手を添えて色々と語りかける
宙さんのお気持ち理解ります。
本当はもうそこには居ないのに、唯一形として残っているあの子だから、
心の拠り所になってしまうんですよね。

魂は不滅だし、
前よりずっとすぐ側に居てくれるのは理解していても
ホント、触りたい、あいたいですよね。

何かを制作し始めると全く更新しなくなってしまう、
半休止状態の僻地(爆)の上に、
湿っぽい内容が続いていますが、また是非いらしてくださいね。

鬼に笑われそうですが、
来年は宙さんにお会い出来るよう頑張りますね。
URL | Arjuna #aaFtL5/w | 2010/11/08(月) 20:16 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://littleguardians.blog107.fc2.com/tb.php/106-7a12dece
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 グラスリッツェン・ガラス工房 Little Guardians all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。