グラスリッツェン・ガラス工房 Little Guardians
   ヨーロッパ伝統工芸のグラスリッツェンというガラス彫刻屋のウチの猫さんメインブログ。最近はリッツェンより羊毛フェルト寄り
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

Arjuna

Author:Arjuna

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 The Algonquin Cat 1
去年9月から今年6月のほぼ9ヶ月間、ニヤの看病・看取りとなり
今回で第4回となる十猫十色猫だらけ展は不参加でしたが、
その間も一応ボチボチと超のんび~りペースで
羊毛フェルト人形は作っていました。

それがこの猫さん。アメリカはNYに在る由緒正しき有名老舗ホテル、
アルゴンキンホテルの看板猫、マチルダちゃん。
(マチルダちゃんのページは こちら
友達の虎ママさんから教えて貰い初めて知ったのだけど(ヲイ)、
このマチルダちゃん、否、歴代のアルゴンキンキャッツと言ったら
世界でも超有名なお猫さまで、先々代(だったかな)のハムレットは、
小説“猫ほど素敵な商売はない”の主人公にもなっている。

毎日、世界中から猫好きの人がマチルダちゃんに会いに
アルゴンキンホテルにやって来るという程、
ワールドワイドに愛されていて
世界一セレブな猫と称されている凄いお猫さまなのだ。
matilda01.jpg

で、これが私が羊毛フェルトで作ったマチルダちゃん。
抱っこされるのがお好きじゃない上に
写真を撮ろうとするとスル~っと逃げてしまうらしく、
案外資料が少なくて苦労した。
matilda02.jpg

顔だけでなく、全体の色分布が掴めないのよね。
matilda03.jpg

実際はもっと上手く出来てるのだけど、お顔の写りが悪い orz
matilda04.jpg



NY在住である虎ママさんに送り、
4月初めにアルゴンキンホテルへ持って行って貰った。

以下虎ママさん撮影

じゃん!
実物のマチルダちゃんとワシが作った羊毛フェルトのミニマチルダ。 
matilda05.jpg

ネットの画像で見ていたのよりずっと可愛いいお顔の美猫さん。
matilda06.jpg

ラグドールだしゴージャスな長毛だけど、
ニヤと同じ タヌキ柄 シールポイントなので親近感が。
matilda07.jpg

ホテルのロビーにはマチルダちゃん専用の素敵な椅子があるけれど、
お気に入りは荷物を運ぶカート(上の写真でマチルダちゃんが乗っているもの)。
パパラッチ(笑)が来るとあっちゅー間に
スーッとこのカートの下に逃げてしまうのだけど、
寛いでいるマチルダちゃんをバッチリ激写して来てくれた虎ママさん凄い!!
1月にニヤに会いに来てくれた時に家の人間以外は苦手なニヤが
ワシがヤキモチ焼いてしまう程、歓待しただけのお方だ。

このミニマチルダ、ホテルの皆さんにも大喜びされたらしく、
ホテルの歴史を展示してあるケースに殿堂入り。
matilda08a.jpg

かの有名なドロシー・パーカーの展示物と一緒に並んでいます。
もし、近くに行く事があったら見てね。
matilda09a.jpg

虎ママさんが撮って来てくれた動画



そんなご縁から、今年のマチルダちゃんの
お誕生パーティーに招待されますた。
matilda_invite_2010.jpg

このお誕生パーティーが凄くてね、
TVでも放送されるし、
全米からマチルダちゃんのお友達の犬や猫が集まってくるの。
モチロン連れてくるのは飼い主さんだけど(笑)。

お誕生パーティーとは言っても本来の目的はチャリティーで、
この日の収益金はシェルターに居る犬や猫の為に寄付されるのだ。

ニヤの事があって、気を紛らわせたくてどうしようもなかったので
すっごく行きたかったマチルダちゃんのお誕生パーティー。
けどね……

なんでエアチケット代が

ハイシーズンの時にやるのっ!!


マチルダちゃんのホントのお誕生日は6月7日。
その頃だったら航空運賃やっすいのに~。
バックパッカー一歩手前のワシ、
ハイシーズンに海外旅行なんて有り得んだすよ。
ま、運賃もだけど今年はニヤの新盆だったし、
その時期はどっちみち無理だったわ。
でも、いつかはマチルダちゃんに会いに行ってみたいな♪
年齢的には老猫さんだけど、うんとうんと長生きしてね。
目指せギネス更新!!

The Algonquin Cat 2 につづく
羊毛フェルト | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2010/11/07(日) 22:16)

<<The Algonquin Cat 2 | ホーム | 2度目の嬉しかったコト>>

コメント
  アルゴンキンのマチルダ
初めまして。私のブログに書き込みを、ありがとうございます!
剥製のような・・・なんて失礼しました。まさか、アレを作ったのが、日本の方だったなんて!
行く前にコチラのブログを発見できていたら、また違う展開になっていたかも、と思うと残念です。

私が逢ったマチルダですが、おそらくArjunaさんがお作りになったマチルダちゃんとは別猫だと思います。現マチルダは2010年12月から就任していて、先代のマチルダは、私の拙い英語力で訊いたところ、高齢のため、従業員さんのおウチで飼われているのだそうです。現マチルダと先代マチルダ、よく似ていますが、先代が顔全体がうっすらグレーなのに対して、現マチルダは鼻から口のあたりが白いので、間違いないと思います。
先代マチルダはフロントの引き出しが定位置で、現マチルダよりは出現率が高かったというようなことも聞きました。虎ママさんなら、現マチルダもちゃんと撮影に応じてくれそうですけどね(笑)

着物バージョンのマチルダ、大爆笑しました。着物バージョンはアルゴンキンでは見なかったのですが、送らなかったのですか?
URL | ねこきこう #- | 2014/05/16(金) 02:15 [ 編集 ]

  ねこきこうさん
こんな放置ブログにいらして下さった上に、コメントまでして頂いたのに、
気付くのが非常に遅くなってしまい大変失礼しました(滝汗)。

ねこきこうさんのご説明通り、
私が作ったマチルダちゃんは先代のマチルダ2世なんす。
虎ママさんから聞いた話によると、
現マチルダであるマチルダ3世と交代し、
1年も経たないうちに残念な事に慢性腎不全で天に召されたそうです。

日本企業が経営していた時にキャットショーで
ホテル関係者の日本人に見初められマチルダ2世に就任し、
それから引退をするまでの長い期間ホテルの看板猫であっても、
“飼い主”が居なかった彼女はホテルに居た時は、
人に慣れたり、甘えたりする事がなかったのですが、
引退し、従業員さんのお家のコになってから初めて、
人に甘え、ベッドで人間と一緒に眠ったり、抱っこをする事を覚えたそうです。
セレブと言われ、世界中にファンを持つ有名な猫さんでしたが、
ちょっと可哀想な気もしなくはありません。
ですが、最期に猫らしい幸せを掴めて良かったと思います。

着物バージョンも虎ママさんにお届けして貰いました。、
その時丁度、現マチルダの就任直後でまだお披露目していなかったのに、
特別に会わせて貰ったそうです。
以来ホテルに行く度に普通に遭遇し、普通に撮影をして来ては、
その写真を見せて貰っています。

「今のマチルダちゃん、何故か意思の疎通が出来ないののよね」
「(写真を見ながら)斜視だからじゃない?」
「何で斜視って分かるの?」
「ウチのおっきいが酷い斜視だから、写真見てすぐ分かった」
なんて言いたい放題言ってます(笑)。

そんな訳で着物マチルダ、
アルゴンキンホテルに渡っている事は確かなのですが、
一体いずこに?
誕生パーティーの時に行われるチャリティイベントにでも
活用されていれば本望なのですが。

URL | Arjuna #1uIffyuQ | 2014/06/01(日) 22:06 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://littleguardians.blog107.fc2.com/tb.php/107-ab3f6a70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 グラスリッツェン・ガラス工房 Little Guardians all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。