グラスリッツェン・ガラス工房 Little Guardians
   ヨーロッパ伝統工芸のグラスリッツェンというガラス彫刻屋のウチの猫さんメインブログ。最近はリッツェンより羊毛フェルト寄り
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

Arjuna

Author:Arjuna

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 The Algonquin Cat 2
さあ、これは何でしょう?
イエティじゃありません。
matilda_2nd01.jpg

↑をカットすると
 ・
 ・
 ・
こうなる
matilda_2nd02.jpg

前日のブログに書いたアルゴンキンホテルのマチルダちゃんを
羊毛フェルトで作った2作目。
メールでアルゴンキンホテルの広報担当兼
マチルダちゃんのお世話係のアリスさんに
「また作って送ってもいい?」とお伺いを立てたら、
是非!! とお返事が来て2作目制作と相成りました。
(ああ、それにしても何でこうも写真写りが悪いんだ?)

さて、猫にしては不自然に立っている姿ですが、
これには訳があります。

送り先はアメリカだし、相手は外国の方だし、
見る側の殆ども(ホテルのスタッフも宿泊客も)外国の方だからと
ウケ狙いでこんなんしてみましたの。

どーだ。
着物姿のマチルダちゃん。
matilda_kimono01.jpg

タイトルは着物・帯の柄が花柄、付属の手まりが菊の刺繍、
そしてマチルダちゃん自身を花と見立てて
「百花繚乱」
刻書の真似事をして写真右下の物も作ってみますた。




この為に遂に和裁に手を出してしまいますた。
でも、思ってたより簡単。
いちいち“きせ”をかけるのと、
そのかけ方がちと面倒なだけで覚えてしまえば洋裁の方が難しいかも~。
matilda_kimono03.jpg

帯は文庫。
着物地の布は綿プリントなのに、
中は贅沢に正絹の綸子の長襦袢を作って着せてます。
matilda_kimono04.jpg

着せる前、着物の配色の出方が
前より後ろの方が良い出方だなって思っていたのだけど、
着付けてみたら、前から見ると裕福な大店のお嬢様、
後ろから見ると演歌歌手の着物みたいな感じになってしまった。
何故~?

初めての和裁なのに柄合わせまでやってしまいました。
matilda_kimono05.jpg

でもね、柄合わせなんかより、
説明通りに作ると各部各部で何故かイチイチ間違うように出来てる
本の方がずっと厄介ですたわ。

中振袖丈で作ったのだけど、留袖みたいな長さになってしもた。
matilda_kimono06.jpg

虎ママさんに付けると良いよとアドバイスされ付けた手まり。
これもいちいち手作り。
直径約3cm
黒塗りの台も無論手作り。
matildawithtemari.jpg
「百花繚乱」と書いた作品タイトルのプレート(って言うのか?)と
この台だけで完成までにひと月くらいかかりますた。
全て手間がハンパじゃないっす。


マチルダちゃんの毛色はニヤと同じ毛色だったので、
ニヤに似合いそうな色合いの布を探して、
買って来た布をニヤに実際に当てて最終的に決めた。
このマチルダちゃんを作っている途中で逝ってしまったニヤ。
ある意味、思い入れの深い作品になってしまった。
matilda_kimono02.jpg

お手紙書いて、近い内に遠いNYへと旅立っていきます。
ホテルの皆さんに前以上に喜んで頂けると良いな。


ニヤの看病からお別れ、
その翌月にはワシのぎっくり腰。
それと時期を同じくして母が坐骨神経痛を発症。
母ほぼ寝たきり状態だった8月。
ニヤの事でワシは半ば鬱状態になってしまったお盆。
母、全く快方に向かう兆しすら見えず、
転院してみたら酷い脊椎管狭窄症とヘルニアと判明し、
緊急入院となった9月。
これまた緊急手術になり、開けてみたら脊椎すべり症のオマケ付きと
トリプルパンチで9月はほぼひと月入院されてしまった。
我が家の男、まぢ なーーーんも出来ないので(怒)、
母が居ないとそのしわ寄せが全部ワシに来るんだすのよ。
漸く退院して来てホッとしていたのも束の間、
母、一昨日また具合が悪くなり、またしても緊急入院。
(今日退院してきたけどさ)
今年の十猫十色猫だらけ展に参加していたら、
とんでもない迷惑をかけるトコだったとつくづく思う。

もし、ニヤが元気だったとしても、
第4回猫だらけ展も地元の作品展も
出品はどっちみち無理だったのねぇ……上手く出来てるモンだな。
羊毛フェルト | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2010/11/08(月) 20:59)

<<ニヤ―制作記 | ホーム | The Algonquin Cat 1>>

コメント
 
すんごい!!!
アリスさん 喜ぶねぇ
誕生日会の時も皆に紹介して見せてたよ
それにしても マチルダちゃんは日本人が買い入れただけに、日本と縁があるね。好物はカツオ節だし。
URL | 虎ママ #- | 2010/11/28(日) 15:02 [ 編集 ]

  虎ママさん
まだまだこれは序の口(のつもり)
もっと凄いの作るじょ~。

ええええーーーっ!!
アリスさん紹介してくれたの!!?
やっぱし来年は何が何でも行くべきか?
お手数かけますが、今回もどうぞヨロシクです。
マチルダちゃんのお土産兼クリスマスプレゼントに鰹節付けようか。

資料が手に入るなら歴代のアルゴンキンキャッツも作りたひ。
URL | Arjuna #aaFtL5/w | 2010/11/28(日) 20:30 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://littleguardians.blog107.fc2.com/tb.php/108-3f6dd47c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 グラスリッツェン・ガラス工房 Little Guardians all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。