グラスリッツェン・ガラス工房 Little Guardians
   ヨーロッパ伝統工芸のグラスリッツェンというガラス彫刻屋のウチの猫さんメインブログ。最近はリッツェンより羊毛フェルト寄り
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

Arjuna

Author:Arjuna

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 ニヤ―制作記
ニヤの事で書きたい事は山ほどあれど、なかなか手が回らず。
去年、ニヤと過ごした思い出、
書こうと思っているうちに記憶が曖昧になってしまうのだろうか。
ごめんね……。

漸く取り掛かる気になれたニヤの羊毛フェルト人形。
慎重になり過ぎてなかなか進まない。
やっと出来た頭部、耳を付けた辺りからあまり似てない。
スッとした細面になってしまって、若猫の頃のような面差しになってしまった。
デジカメで撮った画像は更に似てないな。
実物はもうちょいマシなんだけど。

felt_niya_1-01.jpg

こう見ると敗因が自分なりによく分かるもんだ。
もう直しは余りきかないから、次に作る時は気をつける事にしよう。
以前、ニヤそっくりのかもめ姫を作った時は
かなり良い出来映えだと思ったんだけどな。
↓この右上の猫さんね。

felt_kumokiriikka_2009.jpg

考え過ぎもダメって事なのか?
…にしても
かもめ姫を作った時に刺した羊毛の色ってどれだったんだ~?
すげい良い色が出てるじゃないか。
これってかなりハイピッチで出来たのに、
何でニヤになったら一向に進まないんだ?

でも、瞳は
いつも私を見つめていたニヤの瞳。
13歳頃までのオパールの輝きの瞳ではない、
グレーが強くなったここ数年の色。
あんまり似てないけど、見つめていると
以前と同様にニヤに見つめられている気分になる。

felt_niya_1-02.jpg

一時中断してしまうけれどちょっと待っててね。
野暮用を済ませたら続きを作るから。
1週間位で終わるかな?

ちょっと似てない出来になったからこそ、
新たな試み始動開始を心置きなく出来る。
そっくりに上がってたら絶対出来なくなっただろう。

niya_0601-01_09.jpg

この写真を元に正面顔作ったのだけど、
まだまだ仕事が甘いな。

ニヤ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2011/01/04(火) 21:28)

<<Since I Don't Have You | ホーム | The Algonquin Cat 2>>

コメント
 
一枚目のニヤちゃん、視線の先に大好きな大好きなひとがいるのが、とっても胸に伝わってきます。

本物のニヤちゃんの瞳も素敵♪
うちはシニアになってからは、こういう視線で見てくれてもカメラからは外してしまうので、写真に残せるのはうらやましいです。
URL | 宙 #UbCtKfmc | 2011/01/04(火) 23:15 [ 編集 ]

  宙さん
そう言って頂けて嬉しいです。
ホント、余り似ていないので失敗作の部類に入るのですが
微妙なので、それなりに愛着があります。
それに瞳だけはニヤの瞳の写真を元に作ったので、
正真正銘のあの子の瞳なんです。

写真に関してはおっきいが来てくれたからと、
羊毛フェルトを始め、いずれはニヤの人形をと思った事から
ギリギリ少ないながらも、ある程度の量を残せたとも言えます。
(ニヤの命に危機感を感じた時に写真を撮りまくった酷い飼い主ですorz)

でも写真に残すよりも、心のフィルムに刻む方がずっと重要な筈です。
宙さんの心の中にはそこから現像した沢山のまろちゃんの写真。
それもまた素敵です♪
URL | Arjuna #aaFtL5/w | 2011/01/05(水) 21:16 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://littleguardians.blog107.fc2.com/tb.php/110-6af7b6ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 グラスリッツェン・ガラス工房 Little Guardians all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。