グラスリッツェン・ガラス工房 Little Guardians
   ヨーロッパ伝統工芸のグラスリッツェンというガラス彫刻屋のウチの猫さんメインブログ。最近はリッツェンより羊毛フェルト寄り
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

Arjuna

Author:Arjuna

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 制作中は危険です
丁度2週間前の22時過ぎこと。

おっきいの用を済ませてから別の部屋へ行き用を済ませ、
再びリビングへ戻って来たのと同時に、
それまで洗面所でドライヤーを使っていた母が
洗面所の戸を開け居間へ入ってくるなり、
「ひっ」と小さく言い固まった。
数秒後「ああもうびっくりさせないでよ」と言われた。
はて?何か驚かせるような事をしでかしたか自分?と考えていると、
「いつもの事ながら驚くわ」とテーブルを指す母。
なる程これの事かと納得。

リビングのテーブルに作りかけの
羊毛フェルトの実物大の猫の頭を置いていたのだ。

作りかけの生首状態のを見るのは初めてじゃないのだから
いい加減慣れなされと言うが、
分っていてもいきなり見たら驚く。慣れようにも慣れないとのお言葉。

その度に悲鳴上げられるこっちの身にもなって欲しいような。

羊毛フェルトでリアル赤ちゃん猫のこれ↓

felt_babycats20080326_02.jpg

を初めて作ったのを見せた時は、
大絶叫の悲鳴を上げた上に「また(猫を)拾ってきたのかーーーっ!!
とこっぴどく叱られ、私は私でワケが分からずポカーン。
因みにこれ、PCに保存してある画像のサムネイルを見ると、
自分でもギョッとします(苦笑)。

これ↓を作ってる時は

feltkittenhead01.jpg

「ぎゃーっ、仔猫になんて事するのっ!!」と叫ばれた。
(フェルティングニードルを刺してる最中だったので、仔猫の頭に針を突き刺してると勘違いされた。そんな事する訳ないっつーの orz)

で、先日。
作りかけの実物大猫のパーツをリビングに持って来て作業をしていたのだが、
トイレに立ち、戻って来るなりギョッとした。
テーブルの上にあったそれは……

felt_20120308_02.jpg

た、確かに生々しいわ。
どちらもイキナリ夜中に見たら危険過ぎるかも。
羊毛フェルト | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/03/12(月) 22:03)

<<公開 | ホーム | ベリアル…じゃなくてチャリティ猫だらけ展御礼>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://littleguardians.blog107.fc2.com/tb.php/120-5ebc9f22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 グラスリッツェン・ガラス工房 Little Guardians all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。