グラスリッツェン・ガラス工房 Little Guardians
   ヨーロッパ伝統工芸のグラスリッツェンというガラス彫刻屋のウチの猫さんメインブログ。最近はリッツェンより羊毛フェルト寄り
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

Arjuna

Author:Arjuna

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 2年
2010年6月9日午前10時18分
ニヤが旅立った日時。

あの日から丸2年、三回忌になる。
ニヤと暮らした20年のうちの10分の1の月日が経ってしまったんだね。
まだひと月も経っていない気分なのに。

気も強かったけど、体も思いの外強かったらしく、
3kg程度の小さな体のくせに頑張り続けて、
数日間苦しみ抜いた挙句、
生木を引き裂くような断末魔の悲鳴を上げながら旅立っていった。

ニヤ、私にとって最大のトラウマを残していったね。

何かもっと書きたかったのだけど、
写真を見ていたら矢鱈と泣けてきてやっぱり書けない。
これから先も何か書こうとしてやはり書けなくて、
記憶が薄ぼんやりと曖昧になって、いずれ忘却の彼方へ消えてしまうのか。

大好物のイカの代わりのサキイカ、
人間が食べてると欲しがって猫パンチして取ろうとしたり、
色々実力行使しようとしたっけね。
13歳過ぎまで毎朝、ご飯の前に必ず食べていた鰹節、
盆暮れ正月にしか貰えないと言っても過言じゃなかった缶詰、
(しかもNYからMimiさんがわざわざ送ってくれた舶来物)
今日はニヤにとってのご馳走を供えたつもりだけど、
そっちに無事に届いて食べられたかな?
お刺身と何故かお刺身以上に好きだった大根のツマは
昨日あげたからいいよね?
ニヤにお供えしたお下がり、おっきいにあげちゃってるけどいいよね?

時々白っぽい猫の姿が目の端に映る時があるけど、それニヤだよね?
私の膝の上に座って眠っていたおっきいが、
時々急にびっくり顔して目を覚ましたかと思うと
電光石火の速さで膝から飛び降りてしまう時があるけど、
そういう時ってひょっとしてニヤがおっきいの事、
生きていた時みたいにぶん殴って「そこどけっ!」とか言ってるの?
数週間前、居間の隣の和室からこちらに向かって、
スタスタ優雅に歩いてくるニヤの姿が見えて一瞬びっくりしたけど、
よく見たらおっきいがバタバタ歩いてきていた。
あの時ニヤ、おっきいに入ってたの?
もう探しても見つけられないニヤの毛が一昨昨日の6月6日、
PCのモニターの前に一本だけ、しかも目立つように落ちていたの、
あれニヤがやったの?

いつも手の届く所に居て、姿が見えるのた当たり前だったのが、
居ないのが当たり前になってしまった。
生前よりも心の距離は縮んだような気分はするけど、
ニヤの姿が見えない上に、触れられないのが寂しい。

会いたいよ。
抱しめてニヤの毛に顔を埋めたい。
Sweet child o' mine.

niya_06-0304-06.jpg


niya_07-0616-02.jpg

ニヤ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:8
(2012/06/09(土) 21:40)

<<その猫凶暴につき | ホーム | 公開>>

コメント
 
昨日今日と検定会場入りで遅くなりました。

もう2年・・・まだ2年・・・。
ニヤさまのふかふかの毛並み、まだ鮮明なのに。

きっと、いるのかもと思う時、ところに、
ニヤさまは来てくれてるんですね。
URL | こゆき #sadRUP3g | 2012/06/10(日) 21:29 [ 編集 ]

  こゆきさん
検定お疲れさまでした。

毛並みや手触り、ホント鮮明に覚えているのに
細かい部分の色とかは写真を見ないときちんと思い出せない。
毎日見ているつもりでも、
漫然と見ているとか目に入っているだけではダメなんだね…。

一時結構話題になったのでご存知かと思うけど、
菊田まりこさんという方が書いた童話
「いつでもあえる」って読んだことある?
姿は見えないけれど、あの通りなんだと思う。

でも、見えない、触れないってのは寂しいよね。
感触が分かるのなら
噛まれるのも引っ掻かれるのも大歓迎だな。

いつもありがとね。
URL | Arjuna #aaFtL5/w | 2012/06/11(月) 10:34 [ 編集 ]

 
ほんとにね~
「いつでもあえる」し、「いつもそばにいる」って思うのだけれど、
この手で触りたいし、抱きしめたい。とてもとても。。。

あんなにたくさんおしゃべりしてたのに、声も聞きたい。
時々何の音?って聞こえるのがあったのだけど、それってまろの声ではないけど、何か合図送ってるのかな?と、最近ふと気づきました。

うちも16日で2年。
毎日話しかけてるのに淋しいかぎりですね。
URL | 宙 #UbCtKfmc | 2012/06/12(火) 23:26 [ 編集 ]

  宙さん
お久し振りです。

肉体が無い分そばに居るようになれて、
生前はお留守番をして貰っていた時のような場合、
それがなくなって出先まで付いて来てくれているのだろうけど、
やはり姿が見えない、触れないというのは…ですよね。

発病してすぐに「これが最後になってしまうかも!」と思い、
鳴いている所をデジカメで動画に収めたので、
声だけは救われているんです。
要求鳴きが凄まじくてうるさかったのも今となっては懐かしい。

それきっとまろくんからの合図だと思います。
全部がそうでないとしても必ず本物はある筈。
何を示しているのか、何を言いに来ているのか、
考えるのが楽しいような、ちょっと切ないような。

まろくん、ニヤの丁度一週間後なんですね。
お互い愛しいコの居ない生活に慣れないですねえ。
URL | Arjuna #aaFtL5/w | 2012/06/13(水) 20:13 [ 編集 ]

 
初めまして。
去年の11月に、
大切な大切な愛犬のガンダルフとお別れをしましたので、
Arjunaさまのお心、痛いほどわかります。
この文、読んだら泣けて泣けて、
目も鼻もずるずるになりました(;_:)
私も本当に会いたいです。

URL | 梨香プルチーノ #GCA3nAmE | 2012/06/25(月) 02:03 [ 編集 ]

  梨香プルチーノさん
初めまして。
去年はガンダルフちゃんの事でお辛い最中に、
チャリティ猫だらけ展にご協力どうもありがとうございました。

梨香さんの場合、お別れから7ヶ月程しか経っていないので、
まだまだ悲しみも強いかと思います。
流石に2年経った今は笑って思い出話が出来ますが、
ひとりで文章に向かうと駄目ですね。

会いたい、会いたいと言ってる私が言うのも変ですが、
梨香さんがガンダルフちゃんの事を思った時には
きっと側に来てくれている筈ですし、
梨香さんの行く所に「一緒に付いて行こう♪」と思えば、一緒に居る筈です。
(実際にニヤは外出先によく付いて来てるみたいです)
意外な程側に居るのを感じてみてくださいね。

たま~にしか更新しない上に、
何かを作り始めると長期間放置も日常茶飯事なブログですが、
また是非お越しください。
URL | Arjuna #aaFtL5/w | 2012/06/25(月) 22:02 [ 編集 ]

 
私の拙い作品が、少しはお役にたてて嬉しかったです♪
今年も参加させていただきますので、
どうぞよろしくお願いしますm(__)m
家にいるときに、ガンダルフがいるのを、
よく感じるんです。
今度、「一緒に行こう♪」って誘ってみます♪

それはそうと、
Arjunaさんの作品、凄いですね!!
『ここに天才がいる!!』って思いました!
実際に見るのを。
心待ちにしています♪

URL | 梨香プルチーノ #GCA3nAmE | 2012/07/02(月) 00:30 [ 編集 ]

  梨香プルチーノさん
梨香さんも!
側に居るのが分かるのは私達にとっても嬉しいですが、
逝ってしまったコにとっても嬉しいことみたいです♪
是非今度は誘ってあげてみてください。
きっときっと喜んでくれる筈です。

ああああ~
今年は決定してから開催まであまり時間がなく、
そして作りたいものが大掛りになってしまうので、
出展出来ない可能性が高いのです。
ごめんなさい、ごめんなさい。
ら、来年こそは!
URL | Arjuna #aaFtL5/w | 2012/07/02(月) 22:01 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://littleguardians.blog107.fc2.com/tb.php/122-559e3865
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 グラスリッツェン・ガラス工房 Little Guardians all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。