グラスリッツェン・ガラス工房 Little Guardians
   ヨーロッパ伝統工芸のグラスリッツェンというガラス彫刻屋のウチの猫さんメインブログ。最近はリッツェンより羊毛フェルト寄り
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

Arjuna

Author:Arjuna

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 ボクが傍にいるから…/By Your Side
ボクが傍にいるから…
この曲を知ったのはうーちゃんが魂猫様になった後すぐに
かよさん がブログにリンクを貼ってらしたのを見てだから、約4年前になる。

既にリリースされていると思っていたのだけど今月発売されるという。
当時はただ泣ける曲だったのが、
ニヤとお別れして2年経った現在はまた違った意味を持つ曲となった。
歌詞のひとつひとつが心に染みる。

ペットロスを経験した方、している方に。


英語バージョン


7月18日、キングレコードより発売。
ボクが傍にいるから…/By Your Side


今月一杯トップに置きます。
未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2012/07/31(火) 20:05)

<<お盆恒例とおじさん好き | ホーム | その猫凶暴につき>>

コメント
 
ありがとうございます。
優しくて切なくて哀しいけど、ほんとに心に沁みる曲ですね。
あの頃、うーちゃんにはいろんなことを教わっていたと思い出しています。

3センチうえにいるんですね。
by your side
英語バージョンは初めて聴きました。
やわらかな澄んだ声でとても素敵です。
そう、いつもそばにいてほしいですものね♪
URL | 宙 #UbCtKfmc | 2012/07/16(月) 00:34 [ 編集 ]

  宙さん
ホント、優しくて切なくて哀しいけれど心に沁みる曲ですよね。
聴く度にダム決壊しています。

おデコの上3センチ説は2年前にかよさん宅へお邪魔した時に実感しました。
笑ちゃん、私の方を見る時おデコの辺りをガン見ですもの。
一緒に付いて来ているのは何となく分かっていたのですが、
ホントに居るんだ~と嬉しくなってしまいました。

英語バージョンは今回リリースをする為に英訳を作ったそうです。
英訳というか英語の歌詞にするにあたり、
元の日本語の歌詞とは少し異なるのですが、
こちらも泣けて泣けて。
この曲のとおり、いつもそばにいてくれてます。きっと。

ああ~
見えないだけでいつもそばにいると思っただけで目から汗が。
URL | Arjuna #aaFtL5/w | 2012/07/16(月) 21:45 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://littleguardians.blog107.fc2.com/tb.php/123-a91cb580
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 グラスリッツェン・ガラス工房 Little Guardians all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。