グラスリッツェン・ガラス工房 Little Guardians
   ヨーロッパ伝統工芸のグラスリッツェンというガラス彫刻屋のウチの猫さんメインブログ。最近はリッツェンより羊毛フェルト寄り
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

Arjuna

Author:Arjuna

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 Yoko
前にちょろっとアップしたこの画像
yoko_20120402_04.jpg

漸くシーズン到来、今を逃すと来年になってしまうので
全貌を紹介します。

単なる黒柴を作ったものと言ってしまえばそれでお終いなのだが、
一応モデルが居ます。
世界的に有名な人の飼ってるコ。

日本好きな方らしいので着物を着せてみようと思ったのだが、
どう言う訳かなかなか似合う生地が無い。
やっとの事でこれなら何とかなるか?
となったのが桜の柄の生地。

何てこった、超が付くシーズン限定物。
日本国内だったらシーズンを外したらアウトだけど、
海外の人だしイイか~、
それに似合わない色柄よりマシかもとこれにて決定。

結構似合ってる。
yoko_01-2012.jpg

で、打ち掛けっぽいのも作ってみた。
ってか、こっちを作りたかった。
ちょっと雰囲気が姐さんぽくなる。
yoko_02-2012.jpg

で、飼い主はこの方。
yoko_03-2012.jpg

分かり難いので羽織らせない状態の画像。
gaga_btw.jpg

はい、レディー・ガガのアルバム、Born This Way
本当はアルバムと同じに
モノクロで手描きした生地で作りたかったのだけど、
どうしようもなく滲んでしまい撃沈。
仕方なくコピー機にかけて制作したのだが、
黒い部分が灰色にしかならない。
キッチリ黒が出てくれたら裏地の紅絹が映えて綺麗だったのに~。

特にガガのファンではないけど、
着物を着た犬か猫を作りたかったのと、
丁度ツアーで来日前と言う事もあり、
当時話題性があったので作ったもの。

しかしだな、ネットの海を世界中探して見つけた
ヨーコ(Gagaの愛犬の名前ね)画像は4枚。
うち2枚は子犬の頃のもの。
残った2枚も羊毛フェルトを作る資料としては向かないもの。
我が家では柴犬を長い事飼っていて、うち3匹が黒柴だったのと、
ヨーコの容貌が古いタイプの柴保の黒柴風だったので、
こんな感じか? と作ってみたのだが、
果たしてご本尊様に似ているのか?
あたしゃ分からんです。ハイ。
人間同様に動物も種類が同じでもそれぞれ顔が全く違うからね。

黒柴ってこんなんだったっけ?
家族に聞いたら、黒柴は裏白(お腹の色の事)だの等々。
はて、そんなんだったか?
なんて指摘まで出る始末で、終いには隣の家の犬が黒柴じゃん!
思い出し、道路の方まで出て昼寝をしているのを目撃したので、
チャーンスとばかりに色々と観察までさせて貰いました。
クロちゃん、お手伝いありがとね!

羊毛フェルト以上に友禅、
それも無線友禅の技術を身に付けたいと切実に思った一品。

作りっ放しで放り出してあるけどどうするよこれ?
羊毛フェルト | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/03/22(金) 22:01)

<<おっきい6歳 | ホーム | 可愛さの黄金比率>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://littleguardians.blog107.fc2.com/tb.php/133-ca3ac3fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 グラスリッツェン・ガラス工房 Little Guardians all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。