グラスリッツェン・ガラス工房 Little Guardians
   ヨーロッパ伝統工芸のグラスリッツェンというガラス彫刻屋のウチの猫さんメインブログ。最近はリッツェンより羊毛フェルト寄り
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

Arjuna

Author:Arjuna

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 今更アップ
以前 、着付したらまたアップすると書いたこの着物。
kimono_13-0303_01.jpg

とーーーーーっくに着付してあったのだが、
なかなかこちらに書くに至らず日の目を見なかった(見せなかった)。
私の作ったモノ達ってそういうの凄く多いのだけど。

6月に吉祥寺パルコで開催された作品展に出品したそれ等。
良い人の所に嫁入りするのよ~。帰ってくんな。稼いでこーい。
と送り出したのだが、しっかり帰ってきてくれましたわ。

↓これなんだけどね。
or_13-0603-01.jpg

作ってみてから、友達の会社設立祝いに作った福くんと
顔の模様の入り方が同じだって気付いたんだけど、
縁も所縁も無い全く違う猫さんなんすよ。
画像を並べて見ると表情が全く違うわ。
fukuodori01.jpg

国芳の画を参考にポーズを変えたつもりだったのだけど、
何だか結局同じような感じになってしまった orz。
or_13-0603-03.jpg

それともひとつこのコ。
wlbaby_13-0603-02.jpg

赤ちゃん猫用に今迄使っていた目を少し改良した目を使用。
(改良前:左 改良後:右) 
babyeye_12-1229.jpg

目だけでなく植毛タイプの羊毛フェルト人形の欠点改良タイプ。
(何が欠点か分かる人は分かる)
wlbaby_13-0603-04.jpg

お腹のピンクの地肌が透けて見えるトコが萌ポイント。
(画像だと分かり難いけど)
wlbaby_13-0120-07.jpg
毛が抜け易いのが新たな欠点なんだよねぇ。
羊毛フェルト | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/08/11(日) 22:15)

<<正反対 | ホーム | 受難の1ヶ月>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://littleguardians.blog107.fc2.com/tb.php/137-e28786b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 グラスリッツェン・ガラス工房 Little Guardians all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。