グラスリッツェン・ガラス工房 Little Guardians
   ヨーロッパ伝統工芸のグラスリッツェンというガラス彫刻屋のウチの猫さんメインブログ。最近はリッツェンより羊毛フェルト寄り
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

Arjuna

Author:Arjuna

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 秋の味覚
保護当時のおっきいは目ヤニがそこそこ出ていて、
時々目ヤニで目が開かない時もあった。
罹りつけ医で出して貰った目薬でそれは治ったが、
今でも少し左目が涙目っぽい。

で、先日の事。
人間の晩御飯に約2年ぶりのサンマ登場。
海無し県の内部在住の為に、魚が不毛極まりない土地で、
食べられれば何でも良いのなら何処でも簡単に手に入るが、
美味しいのを食べたいと思ったら入手は難しい。
でもって行きつけの魚屋さんが納得のいく物以外は売らない主義の上に、
ウチが味にうるさいのを知っているので、矢鱈なものは売ってくれない。
そんな訳で去年はサンマが食卓に上らないまま時期が過ぎ、
漸くお目に掛かったサンマ♪ ヤターーー!!

喜ぶのはニンゲンだけでなく、猫も然り。
テーブルに着くや否やおっきいは
テーブルの上に乗り、サンマの脇に貼り付き
クレクレ大騒ぎで落ち着かない。
盛大におねだりするおっきいに食べさせながら
自分の口にも入れなきゃならないので、落ち着いて食事どころじゃない。

ニヤもそうだったなぁ
なんて魚を食べる時はいつもちとしんみりしつつも楽しくもある。

おっきいとの落ち着きのない、賑やかで楽しいサンマ祭りを終え、
まだ物欲しそうに未練たらたら、
食べ終えたサンマの残骸を見つめるおっきいの顔見た時だった。
ナニその顔はーーーっ!!?
思わず叫んだワタシ。

おっきいの両目から涙が溢れ、酷い顔になっていたのである。
丁度、巨人の星で飛雄馬が泣いてるシーンのような感じ
と言えばご理解いただけるだろうか。
おっきいよ、そんなに泣くほどサンマが食べたかったのか?

bo_13-0505.jpg

おっきい今ダイエット中だし、魚食べると太るじゃん。

以来、おっきいの涙目に悩まされているワタシであった。
おっきい | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/10/03(金) 22:39)

<<ニヤの花 | ホーム | 今年も>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://littleguardians.blog107.fc2.com/tb.php/157-2b46b5d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 グラスリッツェン・ガラス工房 Little Guardians all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。