グラスリッツェン・ガラス工房 Little Guardians
   ヨーロッパ伝統工芸のグラスリッツェンというガラス彫刻屋のウチの猫さんメインブログ。最近はリッツェンより羊毛フェルト寄り
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

Arjuna

Author:Arjuna

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 ニヤの花
好きな花は? と聞かれたら迷わず
蓮の花とキングプロテア! と私は言うであろう。
でっかくて存在感のある花が好きなのだ。
bo_14-0822-02.jpg
それは流石に嫌。

さておき、ニヤにはニヤをイメージさせる花がかなり前からある。

ひとつめは淡いピンクのバラの花。
淡い色がニヤの毛色に、
そして、綺麗でいてトゲトゲしいから。
綺麗な花には棘があると例えられる、そこがニヤそのもの。
トゲトゲしくてキツい性格だったけど、優しいコだったけな。

ふたつめは白い胡蝶蘭。
中が紫のではなく、中心部分が黄色で斑点の入っている昔ながらの方。
可憐でちょっと寂しげな佇まいが、ニヤの雰囲気と被るのだ。
niya_06-0610-07.jpg

みっつめはバイカウツギ。
これはニヤが魂猫さまになった2010年6月9日頃丁度、
我が家の狭い庭で咲き誇っていたからなのと、
その年の秋(丁度今頃だったかな?)狂い咲きで2度咲きした事と、
以降4年間、我が家のバイカウツギが花をあまり付けなくなったからである。
そう、ニヤがお引越しする前は良く咲いていたのに、
お引越し後は余り咲かなくなったその姿が、
ニヤの分身のように思える哀しい思い出の花。

そしてホトトギス。
ぱっと見た目はちょっと毒々しいのだけど、
花全体に入る斑点がニヤの顔の毛の模様を思わせる花。
hototogisu.jpg

そのホトトギスが台風16号の前は見えなかったのに、
16号一過の朝、突如という感じで咲き出したのか姿を現した。
これから暫くの間次々と小さな花を咲かせ、
11月中旬頃まで楽しませてくれる。
どの花も好きだが、このホトトギスが
「ニヤの花」の中で一番好きかもしれない。
それ位にニヤを思い出させてくれる花。

台風一過の後に突然咲いてその姿を現したように、
また私の所に戻って来て欲しいなあ。

bo_14-1007-02.jpg

う~ん

うーーーん

 ・

 ・

 ・


瓢箪・・・かな

bo_14-0924-02.jpg
うんにゃ
花じゃなくて実がね…
おっきいの体形そっくりなんすよ。

bo_14-0723-02.jpg

瓢箪の実もワシは好きだよ。
面白味があっていいじゃん。
ほれ、そんなトコもおっきいに似てる…ってフォローになってないか。
ニヤ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/10/07(火) 22:07)

<<100人展巡回展 | ホーム | 秋の味覚>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://littleguardians.blog107.fc2.com/tb.php/158-12d45c42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 グラスリッツェン・ガラス工房 Little Guardians all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。