グラスリッツェン・ガラス工房 Little Guardians
   ヨーロッパ伝統工芸のグラスリッツェンというガラス彫刻屋のウチの猫さんメインブログ。最近はリッツェンより羊毛フェルト寄り
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

Arjuna

Author:Arjuna

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 理解不能
写真だけ保存しておいて、すっかり記事を書き忘れていたものをアップ。

10月6日の記事でも書いたように、ニヤはおっきいとのトイレの共有は勿論
おっきいの方が自分よりも美味しいフードを食べているとでも思っているのか、
おっきいのフードも平気で食べるし、
おっきい用に置いてある水入れの器の水も飲む。
まあ、水に関しては年齢的に高い所に乗るのが面倒なので、
横着をして、床に置いてあるおっきい用の水を飲んでいるのだろう。
でもって、おっきいがニヤのフードを盗み食い、
つか堂々と目の前で食べようが一切頓着しない。

自分から鼻チューもすれば、
毛繕いをしてあげようとでも思うのか、自分からおっきいに顔を寄せる。
…っが、おっきいが舐められるのを嫌がってか、
突如バタバタ動くので、ニヤはその場でヒステリーを起こすけどね。
最近は時々ではあるものの、おいかっけこ? もしている。
時々立ち止まり「捕まえられるもんなら捕まえてごらん」とでも言うように
おっきいを振り返り振り返りしながら、休むことなく走り回っているのだから、
当の猫達にとっては立派なおいかけっこなのだろう。と思う

こう書くと距離が縮まり、仲良くなりつつある、ニヤとおっきいいである。
確かに、おっきいは最初からニヤが大好きではあるが、
初めておっきいを見た時に般若と化した時に始まり、ニヤはビミョー。
トイレの共有もお互いのフードを食べつ、食べられつつ、
毛繕いチャレンジもすれば、おいかけっこもするのに
未だにおっきいは目の上のタンコブで、
最低1日1回はう~う~低い唸りを上げては
おっきいに強烈な猫パンチの殴打をする。
多分、その猫パンチはミッキー・ロークの猫パンチと比較出来ない程強烈かも。
↑知ってる or 覚えている人居る? 爆


ニヤさん、おっきいのこと好きなの嫌いなの?
ウチのコって認めてくれたの、それともまだ許さんなの?
理解不能です。


毎日繰り広げられる、おっきいからフードを横取りするニヤの姿、
その様子は連続写真で御覧あれ。

niya_1003-07_01.jpg



niyaochibi_1006-07_07.jpg



niyaochibi_1006-07_08.jpg



徐々ににじり寄るその姿は
niya_0131-03_07.jpg
脅して言っているようにしか見えない。


niyaochibi_1006-07_09.jpg



niyaochibi_1006-07_10.jpg



niyaochibi_1006-07_11.jpg



ochibi_1006-07_12.jpg


…はっ!?
ま、まさか、ニヤさん、ここは自分の縄張りだと主張しているんですか?
ニヤ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:6
(2007/10/27(土) 15:52)

<<月命日 | ホーム | 恵みの…>>

コメント
 
ニヤねーたん、すっかり許してくれてて
読んでて嬉しくなりました。
もう少し、おっきいちゃんが落ち着いたら
もっともっと仲良しになれそう♪

ごはん!
どうしても美味しそうに見えるんでしょうね!
我が家のぴーちゃんも
いっつもまりあのご飯を気にしてました~

soraくんは毎晩、まりあが残すのを
今か今か?と待ってます。
まるで「残すんだ!」と
念を送ってるみたいなの^^;)))
URL | megmeg #zbT7meO. | 2007/10/28(日) 20:30 [ 編集 ]

 
ちんぴら風ニヤさまも、すってき~~~♪
ってか、Arjunaさん、良くもこんな絶妙な表情を・・・(笑)

ニヤさまの年齢を考えれば、4ヵ月半でここまで許容できるって、
今まで同居猫未経験のニヤさまの身の上を考えると、
凄いことだと思います~。
意外と強面だけど、ちゃーんと優しいおねえたんですよね♪

URL | こゆき #.qy2q86A | 2007/10/28(日) 22:29 [ 編集 ]

  megmegさん
遅レスごめんなさい~。

ニヤね、すっかり許しているか、許しつつあるかは疑問ですよ~ 苦笑。
仲良くしてくれそうかな?と思った途端に
猫パンチ(というかブン殴っているような気も 笑)
を浴びせるのは日常茶飯事、
低い声で、うーうー唸って威嚇するニヤに
唸られてビビリまくって腰が引けて
小さくなっている、おっきいの図になってしまうのです~。

さっきはほんの僅かの間ではあったけれど、
初かくれんぼして遊んでいたのだけど。
う~ん、ニヤの気まぐれはワケ分かんないかも~ 笑。
しかも、私に対して相当おかんむりです トホホ。

soraくん、まりちゃんに叱られて小さくなってしまっていることってあります?

ご飯に関してはもう笑えるとしか。
以前あげて拒否されたフードにも関わらず欲しがるのが面白いかも~。

>まるで「残すんだ!」と
念を送ってるみたいなの^^;)))

そうそう 笑。
ニヤの場合、それに加えて
「残さなければ呪ってやる~」
と無言で脅迫しているようで、迫力アリ。
おっきいは、その迫力に負けて「ど、どうじょ…」の毎日でっす。
URL | Arjuna #aaFtL5/w | 2007/11/01(木) 21:12 [ 編集 ]

  こゆきさん
遅レスごめんなさい~。

チンピラ風写真ね、今年の1月に撮ったもので、
仰向けに寝転がった私の胸の上に乗っているの。
朝青龍に似ていると気付いて、
「朝青龍顔しなされ~」と顔をいじくりまくられ、
少しムッとしてたのかも~。

うん、確かに年齢を考えるとマズマズかとも思うし、
絶対に他の猫を受け入れない性格だって思っていたので、
案外平気で、拍子抜けしたと言っていいくらい。

う~ん、でも逆にもっと若かったら、
相当イジワルしたり、暴力振るった可能性高し!

猫との同居は初めてでも、12歳迄は犬と同居していて、
犬を受け入れるのは全く平気で、一切頓着しなかったし。
それを思うと、さくらちゃんというお姉さんが居ても、
家の中と外とで生活圏が違っていて、
完全なひとりっこだったと言える、
こはるちゃんの順応性と優しさ、面倒見の良さは
偉いし、凄いし、感心しきりだわ~。

ニヤにこはるちゃんの爪の垢を煎じて飲ませたいわぁ。
URL | Arjuna #aaFtL5/w | 2007/11/01(木) 21:29 [ 編集 ]

 
>soraくん、まりちゃんに叱られて小さくなってしまっていることってあります?

小さい頃は、怖がってたんだけど
soraの方が大きくなっちゃって、運動能力もUPしちゃったので
今は全然、怖がってませーん!
逆に、まりあの方が怖いみたいなのー
突然、あらぬ方向から飛び掛ったりするから(*;;*)
なので、今は逆監視?
まりあを守らなくては!なのら~

>仲良くしてくれそうかな?と思った途端に
>猫パンチ(というかブン殴っているような気も 笑)
>を浴びせるのは日常茶飯事、
上下関係を作ってるんじゃないかな?
ウチは小さい頃は割と平気だったんだけど
あんまりまりあが威嚇しなかったから
バカにされてる感があります~
おっきいちゃんが大きくなったら
又、関係も変わっていくんじゃないかしら?

>しかも、私に対して相当おかんむりです トホホ。
にゃは!我が家も怒ってるかも^m^

>ニヤの場合、それに加えて 「残さなければ呪ってやる~」
>と無言で脅迫しているようで、迫力アリ。
ニヤちゃん、食欲UP~良い事ですね!
まりあもsoraと一緒の方が食が進むみたいなので
夜は一緒に食べさせてまーす♪

おっきいちゃん、すくすく大きくなってるから
まだまだ挽回しますよ~!
ニヤちゃんも、まだまだ~って頑張ってね!!!

URL | megmeg #zbT7meO. | 2007/11/05(月) 08:29 [ 編集 ]

  megmegさん
まりちゃんとsoraくんのお話、どうもありがとです♪
とっても参考になります。

しっかし、まりちゃん優しいし性格が穏やか。
やはり生活環境が大きいのかも。
ニヤは4年前まで柴犬と一緒に生活をしていて、
おいかけっこは無論、プロレスごっこまでこなしていたので
(相手は体重が3倍もある犬、しかも狩猟に使えるよう訓練をしたですよ~)
性格もきついし、かなりの乱暴者かも~ 苦笑。
(飼い主そっくりという説も orz)

あらぬ所でシッコやうんPの抗議行動をしないだけでも御の字なの~。

ご飯に関しては猫同士で食が進む傾向があるのが面白いですよね。
自分のご飯を取られてしまう可能性は犬でも充分あるのに、
犬が居ても食欲増進することはなかったの。
いずれにしても、ニヤの食欲がUPしてくれたのは嬉しい~。

おっきいが大きくなっても、ニヤに頭が上がらない
天真爛漫、どこか天然ですっとぼけたコであり続けてほすぃ~でっす。
ニヤとおっきいのプロレスごっこを見たい私でした。
URL | Arjuna #aaFtL5/w | 2007/11/06(火) 22:10 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://littleguardians.blog107.fc2.com/tb.php/33-caf0a141
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 グラスリッツェン・ガラス工房 Little Guardians all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。