グラスリッツェン・ガラス工房 Little Guardians
   ヨーロッパ伝統工芸のグラスリッツェンというガラス彫刻屋のウチの猫さんメインブログ。最近はリッツェンより羊毛フェルト寄り
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

Arjuna

Author:Arjuna

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 保護4日目・お引越し
朝、てのりーずを見ると、昨日までは寄り添って
猫毛玉団子になり寝ていた2匹だったのに
ちっちゃいがおっきいから離れて寝ている。
夜中の授乳の時点でちっちゃいに心配があったのでギョッとする。
見ると、誤飲をしたミルクが鼻からかなり出たらしく
ミルクが鼻の下でがびがびに固まり、顔を汚している。
大人しく寝ている様子を見ると症状は落ち着いているようにも見える。
敷物は汚れていなかったが、ウンチが少し洩れた形跡あり。

ちっちゃい、スポイトを使うと
力加減によっては、沢山流し込んでしまう可能性が高いので、
その危険性と誤飲を避ける為に哺乳瓶の乳首を無理に口に入れ
一滴ずつ時間をかけてミルクを落とす授乳の為に
ほんの僅かしか飲ませられない。
にも関わらず、直ぐにむせて鼻からミルクが出てしまう。

ちっちゃい:76g
おっきい:136g 

ちっちゃい、昨日に引き続き排便
やはり、体重が減ってしまっている。

おっきいも昼に保護後の初排便
こちらは見事なぶっとい運光さま出産だ。

ちっちゃい、授乳の度に誤飲を繰り返すらしく、何度もむせる
口が開きっ放しなのは、口呼吸をしているからだろうか?
一切信用出来ない市内の獣医に連れて行くのは絶対に御免蒙るし、
日曜で休診の所が殆どだろう。
罹り付け獣医は隣市で、車で30分以上離れた所に在るが
私はお見事過ぎるペーパードライバー。
鎌倉に出かけている親が帰宅したら
何が何でも直ぐに罹り付け獣医に連れて行ってくれるよう頼み込もう。

が・・・

15時30分に授乳の為に見に行ったら、ちっちゃいの異変が目に飛び込んだ。
ひと目で生と死の違いがハッキリと感じられる。
既に死後硬直が始まっていたが、
体の上にした空気に触れた側はまだとても暖かいので
以前TVで見たことがある、子犬・子猫の応急措置の心臓マッサージを試す。

けれど、ちっちゃいは猫神様の居る虹の橋に渡ったまま帰って来なかった。
一時間程前に確認した時はまだ生きていたのに。

私が気付いた時は、虹の橋に渡って間もなかったものと思われる。

助けてやれなくてごめんね。
誤飲を繰り返していて、むせてばかりだったから
却って苦しませちゃったね・・・。

折角この世に来て、捨てられながらもなんとか命を繋ぐ道が拓けたのに
お引越しするの早過ぎるよ・・・。

数十グラムの違い、100g有るか無いかの違いは
僅かなようだが、小動物にとってはとても大きい。



何も知らずによく寝るおっきい
okkii_04-01.jpg


まだ生きている時のちっちゃい
chicchai_04-01.jpg


朝からずっと臭っていた腐りかけの肉のような臭いは
ちっちゃいがお引越しをしてから全く臭わなくなった。
あれは多分、死臭だったのだろう。
長いこと犬と暮らし看取ってきたが、初めて死臭を知った。
てのりーず | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/06/03(日) 16:06)

<<保護5日目 | ホーム | 保護3日目>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://littleguardians.blog107.fc2.com/tb.php/4-b9c190c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 グラスリッツェン・ガラス工房 Little Guardians all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。