グラスリッツェン・ガラス工房 Little Guardians
   ヨーロッパ伝統工芸のグラスリッツェンというガラス彫刻屋のウチの猫さんメインブログ。最近はリッツェンより羊毛フェルト寄り
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

Arjuna

Author:Arjuna

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 出戻りのご帰還
去年羊毛で実物大の 虎くん を作ってからずっと、
以前作った 羊毛フェルトの犬 の植毛した毛の状態が気になっていた。
同じ市内に住む知人宅の愛犬を作ったものなので、
少し手直ししようと 出戻りさせた 持って来て頂いたのは
今年の春頃だったろうか?

見てビックリと言うか、
開いた口が塞がらないと言うか、
手元に戻って来たそれを見、暫し絶句の後、笑ってしまった。
初めて作ったリアル系のものだが、酷い、酷過ぎる。
ナニコレ? 私、こんなの作って満足したワケ~?!!
今こんなの作っちまったら、即解体処分決定だわ。
つか、恥かしくて人前には出せませんっ!

植毛したフェルトの毛にブラシをかければOKだと思っていたのが、
それでは済まず、植毛し直し決定。
っが、羊毛でこの毛色は無い。
のでこの羊毛フェルトのモデルになったモカちゃんの毛を植毛する事にした。

十猫十色展出品用の作品が全て仕上がってから着手~。
酷いとは思っていたけれど、植毛した毛を抜くと更に酷い orz
生まれた時からずっと犬と暮らしていたので、
犬の筋肉の付き方や骨格はそこそこ出来ているが技術が未熟過ぎる。
頭なんてサイアク。

しっかしまあ、羊毛フェルトを作る人の多くは植毛タイプなのだが、
こんな面倒な事よくやると感心しきり。
虎くんを作った時に実感したのだが、
植毛タイプは羊毛を形成させる技術よりも、
植毛をした毛のカットの技術がモノを言うからなあ…。
しかもこの本犬の毛、猫の毛より細く、
触れているだけで見る間にどんどんフェルト化していく。

結局、植毛だけにひと月近く費やしたワタシ。
自家植毛(と敢えて言おう)して漸く仕上がったのが↓。
fleece-mocha_0904-09_02.jpg
もっと実物に近くなるようカットしたかったのだけど、
毛が立ってしまうのでこの辺で終わりにする。
アイリッシュセッターと言うより、アフガンハウンドっぽくなってしまったかも。
今写真を見ると写りはまずまずだったので
形だけは前の方が整ってたように見えるなあ。

fleece-mocha_0904-09_04.jpg
アップはまずまず。

以前は顔の部分は短毛だからと植毛せずに仕上げにしたら
内田裕也みたいになった頭は
fleece-mocha_0205-08_04.jpg 

             ↓

お顔にも細かく植毛を施したので、内田裕也じゃなくなりました~♪
fleece-mocha_0904-09_03.jpg
えっ? まだ内田裕也な面影残ってるって?
これ以上のお直しは毛の状態からちと無理。

こちらも去年作ったビーグルで
モカちゃん(上の羊毛フェルトの犬のモデルさん)のお姉さんのはなちゃん
fleece-hana_0713-08_02.jpg
これはまずまず上手く出来ていると思っているのだけど、
今見たらやはり絶句したりして。
一昨日の夜お渡ししたので、今頃一緒に仲良く並んでいるかな?

では、羊毛フェルト繋がりで 十猫十色猫だらけ展 を宜しくお願い致します。
去年も羊毛フェルトではご来場の皆さんを驚かせたようですが、
今年も驚くかもです。

niya_0904-01_09.jpg

ochibi_0107-09_02.jpg
こらっ! おっきい、そんな事言っちゃダメでしょっ!!
ってかその顔、ホントに化けて出そうでコワイって(汗)。
羊毛フェルト | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2009/09/13(日) 21:46)

<<十猫十色猫だらけ展 | ホーム | ご冗談>>

コメント
 
虎くん人形の実物を見てしまうと、
リアルさの追求に走りたくなりますよね。
それにしても長毛犬って難しそう…。
お直しお疲れさまでした。
オーナーさんもびっくりかな?
URL | こゆき@ケータイ #- | 2009/09/15(火) 15:09 [ 編集 ]

  こゆきさん
ん~
元々がリアルにしか作れなかったようで(笑)。
もう、とことん追求っきゃないのかも~。

>それにしても長毛犬って難しそう…。

猫もですが、毛が長いが故に細かい肉付きが見えないので
形が分かり難いのが個人的には難しいです。
まあ、悪く言えばそれだけ毛で誤魔化しが出来る、と。
あと植毛が矢鱈と面倒です~。
ドールヘアーみたいに
きちっと毛束が出来ていれば別なんですが。
それと、毛色を混ぜて作ると毛の繊維が短くなるので
植毛の場合は宜しくないし。

オーナーさん、喜んで人形に v-207 とやってました~♪
毛が抜けて口に付いたかも…
URL | Arjuna #aaFtL5/w | 2009/09/15(火) 21:40 [ 編集 ]

 
すごいすごすぎる

あみぐるみっていう本犬の毛を使ったぬいぐるみ見て感動したけど更なるって感じです
こうなると職人を通り越し聖人です
尊敬します
すごすぎ
それにしてもすごい 凄いです!!
URL | 遊子 #zP3u5GT6 | 2009/09/21(月) 00:26 [ 編集 ]

  遊子さん
ニヤの件と猫だらけ展ご来場、どうもありがとうございます。

本犬の毛を使ったあみぐるみですか~!
どんなのだろう? すっごく興味あります。
とんでもない、植毛タイプでは
まだまだ職人の域にすら達していません。
これだけの為にトリミングを習いたいかもです。
でも、このコの飼い主さんがとても喜んでくれたので、
終わり良ければ全て良し、かも。
URL | Arjuna #aaFtL5/w | 2009/09/25(金) 21:38 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://littleguardians.blog107.fc2.com/tb.php/85-9a7f2f97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 グラスリッツェン・ガラス工房 Little Guardians all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。