グラスリッツェン・ガラス工房 Little Guardians
   ヨーロッパ伝統工芸のグラスリッツェンというガラス彫刻屋のウチの猫さんメインブログ。最近はリッツェンより羊毛フェルト寄り
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

Arjuna

Author:Arjuna

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 その猫凶暴につき
久々におっきいの話題を。

今月3日のこと。
寝ていたおっきいが(ってか、ほぼ食べてるか寝てるかしかないが)
「ぐぅぅぅ~」声を上げた。
おっ、これはおっきいの初イビキ! 思わずワクワクするワタシ。
犬のイビキや寝言は全く珍しくないが、猫ってそういうの少ない。
ニヤは不妊手術してから1年くらい時々盛大なイビキをかいてたっけ。

一度きりでお終いかと思っていたら再びぐぅぅぅ~。

動画撮っちゃおうか?
いや、次のイビキをすぐかくか分からないし、
カメラを回してる時には全くで止めた瞬間にかくかも。

動画撮影は諦め、おっきいの腰の辺りに手を置き間近で見ていた。
ぐぅ~っ、ぐぅぅぅ~っ、ぐぅぅぅぅ~~~っ
やけに激しくなるイビキ。
これはやはり撮影か? 思った瞬間だった。

ぐぅぅぅーーーっ!!

大きな唸り声と同時に起き上がり私の手に咬み付いた。

bo_12-0703-01.jpg


ぎゃーっ!
何もしてませんっ!! 勝手に怒って咬み付くなーっ!
言ったが、おっきいは低く唸りながら私の手を咬もうと執拗に狙ってる。
只でさえ普段から荒い鼻息なのに更に荒く、
眼つきは鋭くギラギラ、尻尾は怒りでバタンバタンさせてる。

bo_12-0703-02.jpg


い、イビキかと思ってたのは寝言だったのね…。
癇癪持ちは知ってるけどさ、
あれだけ怒ってるって一体どんな夢を見ていたのやら… orz

初めて飼う猫は大人しくてお利口さんで、
次に飼うコは出来の悪いコが多いと聞く。
ニヤほど凶暴な猫なんてそうは居ないよと言っていたが、
おっきいはニヤの凶暴さをかる~く凌駕している。orz

niya_07-0613-03.jpg

酷い癇癪さえなければ大人しいし、窓を開けておいても脱走しないし、
好き嫌い皆無と言っていいほど何でも食べてくれる
飼い易いイイコなんだけどねえ…。

ってか、ニヤがお引越ししてから性格悪くなったよね。
お願いニヤ、おっきいに教育的指導してーーーっ!

niya-bo_07-1029.jpg

↑やらせ一切ナシ。
ニヤが居た頃の日常の1シーン。
おっきい | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2012/07/08(日) 21:21)

 ご冗談
2週間ほど前にある人のブログを見ていたら、
猫の体脂肪率が計算出来るサイトが載っていた。
ニヤとおっきいの体脂肪率は以前から気になっていたので、
早速そのサイトを見て算出してみた。

ニヤ:胸囲 33cm
    脚の長さ(膝からカカトまでの長さ) 15cm
体脂肪率 約19.62%
もっと痩せているかと思っていたけれど、普通。

おっきい:胸囲 38cm
      脚の長さ 17cm
体脂肪率 約23.16%……

23.16パーセントーーーぉ!!?
ニヤとたった4%しか変わらないのかっ!??
嘘だいっ! ご冗談でしょ。腹肉タプタプですよ。
しかもおっきいのヤツ、クル病持ちのせいか上半身は小柄なのに
下半身は発達してて瓢箪みたいな体型だよ。
思い、胸囲ではなく胴囲で一番太そうな部分を狙い計り直した。
…が、そう変わらない。
えーーー、信じられないんですけどーーーーー。

ochibi_0906-09_01.jpg
腹肉タプタプ証拠写真
実際はもっと凄い

しかし、だ。
今日、おっきいの体重を計ってみると 4.5kg
(でも胴囲は変わらないので体脂肪率も変化ナシ)
い、今迄で一番重い。
2歳の牡の体重としては軽めかもしれないが
前脚があんな風に曲がっているので、
負担をかけない為にも体重を増やす事は出来ない、
というか増やすのは厳禁。
だからフードの量は ここ で計算をし、
算出された量でも太ってしまうので、更に減らしている。
なのにナゼいきなり100gの増加?
昨日の晩御飯に作ったアジフライの鯵を捌く時に出た
中落ちを飽きるほど食べたから?
でもワシ魚を捌くの慣れてるから、そんな大量には無かったのに。
おっきいが食べたのも、お猪口一杯分程度。

なのにナゼ太る?
フードを与える量を少し減らさないと…。
(お腹が空くらしく、盗み食いをしようと果敢にトライしたり、
凶暴化したりするのよねぇ…orz)
つか、寝てばかりいないで少しは動いたらどうかね?
ニヤが2歳の時は犬とプロレスごっこや追いかけっこばかりして
家の中を暴れ回ってたから、寝てる方が少なかったのになあ。

ochibi_0906-09_02.jpg
低燃費でもフードの消費は激しいですがな。

niya_0904-02_09.jpg
ワシもそう思う。


猫の体脂肪率が計算出来るサイトは こちらこちら
おっきい | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2009/09/05(土) 21:50)

 エコじゃらし
かよさんがブログでお嫁入り先を募集していらして
早い者勝ち~と(ってか図々しく)ゲットした
かよさんお手製の猫じゃらしならぬエコじゃらし
昨日無事に長旅を終え、おっきいの許にお嫁入りしました。

封筒を開けるなり、机の下で寝ていたおっきいが
「それなんでちか???」
興味津々。
エコじゃらしを出すなり大興奮で飛び付くとびつく。

う、写真撮ろうと思ったのに動きが早すぎて撮れないじゃないか~。
仕方が無いので動画を撮ってみました。


カメラワークの悪さはご勘弁を~

動画撮影後漸く撮れた一枚
ochibi_0711-09_01.jpg

おっきい、かよさんにお礼を言いなさい
ochibi_0711-09_03.jpg

これっ、うとうとしてないっ!!

ochibi_0711-09_02.jpg


ochibi_0711-09_04.jpg
寝てしまいました orz
遊び疲れたみたいです。

niya_0711-05_09.jpg
流石ニヤさん、エライ!

かよさん、どうもありがとうございました♪
これでタプタプお腹すっきりを狙いま~す。
それと……
おっきいのヤツ、狭い所に潜り込んで篭城してしまい
捕まえるのが厄介なのですが
これを見せると
「あしょぶにょ~~~」
と飛び出してくるので、捕獲がとてもラクになりました♪

しかしまあ、十猫十色展に向けての制作が忙しくて
ブログ放置していたのだけど、これは… 汗。
制作はとりあえず先月末に終わり、展示用に形を整えるだけだし
ネタは結構あるのでぼちぼちアップしていく……予定(予定は未定ナリ)
おっきい | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2009/07/12(日) 20:53)

 Have a break
Have a break なーんつって、
このブログ、ひと休みどころかいつも休みっ放しだし、
未だにニヤの風邪騒動も全て書き終えていない上に
(↑これは記録として残しておかねば)
書きたいことは山ほどあるけれど
やることが山積してて手が回らん~~~。

ので、ちょっくらおっきいの動画でも御覧あれ。
ま、折角 You Tube に動画をアップしたことだしね。

なっとうくらさい



なっとうくらさい2


比較的になんでも食べるおっきい、
実は品質にはかなり煩いグルメ猫であ~る。

食べてばかりいないで猫の手貸してくれないかなぁ。
おっきい | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2008/08/14(木) 00:09)

 ブルータス、お前もか
おっきい、いつもならペロッと完食する
カルシウム入りふやかしフードの殆どを残す。
時間を開け、好物のゆで卵をトッピングするとボチボチ食べ、
部屋に連れて行き、ふやかしていない
普通の状態のフードを勧めると食べるが、立派な食欲不振だ。
普段の食いしん坊が見る影もない。

また、ニヤ同様に鼻水が出るらしく
時々鼻をするる、ズズっという音をさせ、口呼吸をする姿も見せる。

こりゃあニヤの風邪が伝染ったらしいな…
ブルータス おっきい、お前もか?
昨日は気を引く為に仮病を使うという
高等技術をしているのだろうと思っていたが違っていたのね。

治るのに最長2週間ほどかかるという猫の風邪。
どうやら今月は猫の風邪で始まり、風邪で終わるひと月になるモヨン。
猫に風邪をひかれて苦しい思いをさせてしまうのなら
自分がなった方がずっと気楽でいいとしみじみ実感する。
ニヤの風邪も最長の場合は
あと1週間近く治らないのかと思うとげんなりしてしまう。
しんどそうなニヤの姿を見ているだけで辛い。

さて、ニヤのご飯記録は…

2g、1g(SG)、1g

この時点で食べが少なくなっている昨日と比較できない程
摂取量が激減してしまった上に食べる見込みも無いので
リンが多い、ナトリウムが高いとか言ってもいられなくなり、
この際食べてくれる缶詰の総合栄養食ならいいやと
品揃えが豊富そうなホームセンターへ駆け込む。
(このホームセンター、くチェーン展開している生体販売をしている巨大ペットショップが入っているのでホントは使いたくない)

猫缶、昔と比べるともの凄い種類が豊富になったのねぇ。
目移り…しないよっ!!
種類こそ豊富だが総合栄養食は殆ど無いじゃないか。
その中でもシニア用があったのはモン○チのみ。
シニア用ならばナトリウム値を少しは考慮してあるかも知れない、
そう淡い期待を抱き、とりあえず全種類購入。

家に帰ってすぐ、買ってきたばかりのモン○チを開け、
ニヤに食べさせる前に少し舐めてみると結構しょっぱい。
ナトリウムが0.2%越えるとしょっぱいと感じる
高性能の私の味覚ですからね、
多少は致し方ないとはいっても、これはちとしょっぱ過ぎないか?

一旦躊躇するも、今はナトリウムを気にする前に
少しでも多く食べさせて体力回復させるのが先だ。

缶から1/4くらい出し、出前すると
初めは気乗りしない感じでおざなりに匂いを嗅ぐも
不意に「これはっ!!」という感じになり、もの凄い勢いでガツガツ食べ、
あっという間に完食。
鼻水鼻つまりで鼻がやられていても、
あのキョーレツともいえる強い匂いは分かったらしい。
しかしあのがっつき方…
普段お腹が空いて仕方無いのに、あるのは不味いご飯ばかりで
食が進まないから食べないだけで
食が細いのではなく、食べたいけど食べないのか、ひょっとして… orz

普段はプレミアムフード好きで
一般的に販売されているフードに見向きもしないおっきいも
匂いにつられ、ちょーだいちょーだい。

体力回復させる為に止む無くあげてるだけなんだからね、
良くなったらあげないんだからね。
今だけなんだからねっ!!
おっきい | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2008/06/08(日) 11:59)

 一年経ちました
十猫十色展の作品作りに集中をしていて
元々余り更新しないブログを更に更新しない日々が続いていましたが、
(↑ブログどころか私信に関してはメールの返信すらストップさせたりと
思いっきり不義理をしています。ごめんなさい)

作品作りが昨日ひとつ終わり、
違う作品に取り掛かる合間がすこーんと出来たのと
一年前の今日はおっきいとちっちゃいを保護した日だし、
久々に更新を。


雨が降り続き、暖房が欲しくなる程に寒い今日と違い、
一年前は真夏日並みに暑い日だったっけ。
陽を遮るものが全く無く、日差しが強くカンカン照りの中、
おっきいとちっちゃいは太陽光線の暑さを更に助長させるような
ステンレスのちいさなボウルの中に入れられ捨てられていた。
ボウルの中に毛玉が入っているのを見、
直ぐに自転車を止め引き返し、生きているのが判り
(てっきり死んでしまったコの遺体を捨てたものだと思ったのだ)
その余りの小ささに驚いたほんの数秒の間に
通りがかりの人から子猫遺棄の知らせを聞いた
すぐ近くの派出所の警官が到着していた。
今、引き取る人が居なかった場合どうするのか尋ねてみたら
捨て猫をいうのが明らかな為、
すぐに県のセンターへ連絡を入れ取りに来て貰う、
又は連れて行き(隣市にセンターはある)
即日処分されるとの事。

通常迷子の場合、飼い主が現れる事もあるので
最長一週間程度の保護期間が設けられるが
明らかに捨て猫と判るので、
処分の為、飼い主がセンターに連れて来る場合と同様の措置だ。
まあ、例え保護期間を設けて貰ったとしても
臍の緒が付いていて目も開いてない生後間もない母猫の居ない赤ちゃん猫が
数日間の間でもセンターで生き延びられる確立は相当低いだろう。

そこを通るのがあと一分、否、30秒遅かったら
この世に無かった命。

…とは言え、ちっちゃいを生かす事は出来なかったけれど

と、おっきい保護の経緯にまつわるくら~い話はさておき…

ochibi_0531-08_01.jpg
今日は寒いのでお布団の中からご挨拶失礼

ochibi_0531-08_03.jpg


家の中を駈けずり回り、忍者の如く垂直飛びでジャンプも決める
大食いのイタズラ小僧な今の姿を見ると想像だに出来ないけれど、
歩くどころかなかなか腰も立たない上に
食も細く、育つのだろうかと心配事が絶えなかったのに
よくここまで育ってくれたねえ。


tenori-zu_01.jpg
こんなにちいさかったのに

okkii_08-02.jpg
こーーーんなに可愛かったのに

ochibi_0425-08_01.jpg
こんなんなりました。

ほれ、おっきい
「みなさんのお陰で大きくなりました。どうもありがとうございました」
ってご挨拶なさい。

ochibi_0531-08_02.jpg
ゴラァ!

ochibi_0510-08_01.jpg
そんなコに育てた覚えは…
スンマセン、あります orz
躾を入れなきゃいけない時期にクル病のせいで著しく体調をくずしたせいで
元気ならそれでヨシと善悪が判るよう仕込まなかったのよね。

でもね、
生き延びてくれて、元気一杯に育ってくれてありがとさん。

それと…
動物捨てるヤツのバカヤローーーっ!!
てめえがいっぺん冬の雪山かジャングルか
砂漠にでも捨てられてみろっつーの
おっきい | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:8
(2008/05/31(土) 15:35)

 おかじり
おっきいの尻尾の先端の毛は
切り揃えたか、途中でぷっつり切れたようになっている。
その尻尾の毛を最近、おっきい自身がガジガジ齧っているのを目撃。
豚に御齧りではなく尾齧りと呼ばれるものがあると、
以前読んだ事があったが、おっきいのこれも尾齧りの一種?

毛繕いの際に尻尾の毛を噛むのは以前飼っていた犬にも見られたが、
ここまでくると、放っておいたら
尻尾自体を噛む自傷行為に発展してしまいそうでコワイ。


尻尾の先端が見えてます
ochibi_0204-08_03.jpg


横から
毛の先端=ほぼ尾(身)の先端
ochibi_0204-08_04.jpg

尻尾の毛が切り揃っているのがおっきいにとってのこだわりなのか?
揃えるだけならいいけどね、身まで齧らないでくださいよ。

人工保育のせいか毛繕いが些か下手なおっきい、
ニヤに毛繕いをご教授して貰ったらどうだね?


ところで、知人の家の迷子になり無事に戻ってきた犬と言うか
保護をしてくれた人に関する後日談なのですが、
トンデモ過ぎて新たな話を聞く度にボーゼン。

その人と言うかそのお宅、家族総出で迷子犬を見つけて保護はするものの
関連機関への届出はしない、勿論一切返す事もせず、
そのまま飼ってしまう主義だとの事。
そして、市で毎年開催される福祉関連のイベントに出すと。
保護する迷子犬は小型犬のみで、小型犬に拘る理由は
大型犬に比べたら食費がかからないことと、隠し易いから。
(人目につかない庭の奥の奥に保護した犬達を置いている[現在7匹])
知人の犬は老犬の為に心臓が弱っていて薬が欠かせず、
変な咳をしたり、見た目にもヨボヨボなので
医療費がかかってしまうのが目に見え、大慌てで警察へ届出をしたとの事。
(↑嘘みたいだけど、この件の保護主談)

つい先日は保護した人の娘からその母親の携帯に
「今、日本にあまり頭数の居ない珍しい犬(大型犬)が迷子になっているのを保護したのだけどどうする?」
と連絡があり、
「大型犬は沢山食べて餌代がかかるし、目立つから連れてくるな、居た場所に戻すように。道の真ん中に居たのならその場所に置いてくるように。交通量が激しくても関係無い」
と話しているのを聞いた人多数。
しかもご丁寧に
「今、娘が犬を保護したって電話して来てこう言っていた」との説明付き。

そ、それって酷過ぎやしないか?
それと迷子犬を保護しても、そのまま届出をせず黙って飼うって一体…。
立派な拾得物横領罪じゃないか~~~。
しかも知人の所には毎週一度は必ず
「元気にしてますか? 会いに行っても良いですか?」
と電話が来るので参っているそうだ。

迷子犬や猫を保護してくれるのはとてもありがたい。
関連機関に届出をした上で飼い主さんが見つからなかった場合
そのまま家族として迎えて頂けたら、どれだけ感謝しても足りない。

この家族だって一緒に暮らしていたコが居なくなった悲しみや、
不注意から逃がしてしまった自責の念は
動物と暮らす人間なのだから無論知っている筈。
こういうヘンな人も居るとはね……やれやれ。
動物を捨てたりセンターや保健所に持ち込む人は無論だけど
どっちも困ったもんだ…。
おっきい | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2008/02/06(水) 20:06)

 お年玉
おっきいの日光浴の為に肩に乗せて散歩をするのは
肩に負担がかかり大変だろうと
こゆきさんがスリングを作って送ってくださった。
大晦日に届いたそれは、おっきいにとってちょっぴり早くて、
やはりサンタさんが来てくれなかった(当たり前だ~ 爆)おっきいにとって、
とても良いお年玉になりました。

お散歩以外にも、手が放せない時におっきいが暴れまくったら
スリングに入れて抱っこをするのにとても重宝~♪
これ、イイです。
目を離すと何をしでかすか判らない、やんちゃで暴れん坊将軍な
猫さんと暮らしている人にはオススメかも。
(超小型犬にも使えそう)


ochibi_0102-08_01.jpg
今迄暴れていたのが大人しくなりました。


ochibi_0102-08_02.jpg
スリングに入れて数十秒、既にウトウトしています。


ochibi_0102-08_04.jpg
早くも夢の中。

こゆきさん、どうもありがとう。

昨年は沢山の方に、おっきいの事で大変お世話になり
ありがとうございました。
今年もどうぞ宜しくおねがい致します。


スリングこぼれ話

スリングの用意を始めると捕まって入れられるのを1日で学習したおっきい、
(結構記憶力に優れてる模様)
私が肩にスリングを通すとサッと隠れ、
お気に入りの遊び道具や食べ物で釣っても出て来なくなりました~ 笑。
そういう事は学習しなくて宜しい。
おっきい | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2008/01/01(火) 21:31)

 タマよさらば
さて、今日は去勢手術。
昨日電話で手術が決まってから、暇さえあればおっきいを抱っこして
「タマ取り手術だよ、男の子じゃなくなるんだよ」
そう呪文のように繰り返し続けていた私。

麻酔に対する不安は拭えないが、こればかりは心配しても仕方無いし、
おっきいはニヤのように老猫ではないし、
生まれつき心臓が弱かった犬でさえ、麻酔をかる~くクリアーしている。
(普段余り神経質にならない先生がこの犬の時ばかりは流石にかなり気を遣い、非常に慎重になっていたが)
リスクは相当低いハズ。

よっしゃ、こちらの胆も据わった。

生来のクル病のせいで、外見上の細かい部分のあちこち
通常の猫と異なるおっきいにとって、
多くない正常な個所のひとつである、おっきいのタマ。
貴重と言っても過言でない、
彼の体の正常な部分を取ってしまうのは些か心苦しいが、
こればかりはおっきいの為にも仕方の無い事。
許せ、おっきい。


ochibi_1208-07_04.jpg

あのさ、おっきい
ゴキゲンで毛繕い中に悪いけど、質問していい?

ochibi_1208-07_05.jpg

これから去勢手術に行って、おっきいのさくらんぼ こと
タマを取って貰っておかまになるんだけど、心の準備は出来てる?
それと、今の心境は?

ochibi_1208-07_09.jpg



ochibi_1208-07_06.jpg
まるで化け猫の微笑み…
般若に化けるニヤと言い、妖怪姉弟ですな。


ochibi_1208-07_03.jpg
ひいいぃっ、なんて顔っ
そんなデスメタルな顔しなさんな…。

とか何とか言ってひなたぼっこをさせながらのんびりしていたら
病院へ行くよとお呼びが掛かる。

さ~て出発じゃー。


                         


病院の診察台の上に乗せられ、麻酔注射をお尻の辺りにブスリ。
「イヤーーー」と言わんばかりにしがみ付いてくるおっきい。
その姿と仕草が結構可愛い。
麻酔が効いて来て、必死にしがみ付いていたおっきいの腕の力が
(手首が湾曲しているせいか、しがみ付く際の力は相当なもの)
徐々に抜けて来る。
力が抜けて来て、手が離れてしまうのに、
何度も何度も私にしがみ付こうと必死にトライするのが健気。

愈々しがみ付けなくなり、体の力も完全に抜け切り、
手術台の上に乗せられ、固定される。
顔がこちらを向いている。
開いたまま空を見つめ、無反応になった目は何を見ているのか?
それとも何も見えていないのかな?

ヘミングウェイを気取って
武器よ タマよさらば

去勢手術自体は想像していたよりも遥かに簡単なもので、
10分足らずで終了。
手術の準備の方が時間がかかってたかも~。

体が小さく、かなり細かったのもあり、
麻酔や手術に果たして耐えられるのだろうかと懸念したりで
避妊手術をせずにいて
結局、子宮蓄膿症になり腹膜炎一歩手前で
緊急の大手術をする羽目になり、生死の境を彷徨ったニヤとは
全く比較出来ないし、気楽であった。(ニヤごめん)

避妊去勢手術は手術の月齢になったらお早めに。
後で取り返しのつかない事になったり、大変な目・思いをしませんし、
なんと言っても、家族の一員でもある犬猫に負担をかけずに済みます。


消毒のアルコールの臭いや薬品の臭いをプンプンさせ、
麻酔が効いていて動けず、ぐったり状態で帰って来たおっきいを見て、
サスガのニヤも「ど、ど、どうしたの?」とばかりに
心配気におっきいの傍に寄ってお見舞い。
あら、おっきいの事心配するなんて嫌いじゃなかったんだね。
ニヤが手術をした時は
「だいじょうぶ?」ってお見舞いに来てくれた
モモ(ニヤの妹分だった柴犬)の鼻に
「キーーー、鬱陶しいやっちゃ!」って力一杯に猫パンチの一撃したよねえ。
あの時のパンチ、もの凄く大きい音がしたっけね 爆。

麻酔のせいで今夜一杯は足がよたついて、しっかり歩けないので
注意していないと危ないと言われていたのだが、
夕食の準備をしている時にゆで卵の殻を剥いていたら、
おっきいがソファの背もたれを乗り越え猛然と走って来た。
ぐっすり眠っていたのに……。
好物のゆで卵へ対する執着は麻酔の効果よりも強かったか~。


23時過ぎにはすっかり麻酔から醒め、ごはんの要求をし、
体が思うように動かず、
身動きが取れなかった分を取り返すかのように大暴れをする。
手術をした痕は痛々しいけれど、ヨシ、もう完全に大丈夫だね。
傷が治って毛が生え揃って、黒いマリモみたいな
元のかわゆいブツに一日も早く戻るとイイね。


ochibi_1208-07_14.jpg
耳にタコ が出来る程言ったし、説明したでしょ。
(術後約4時間。まだ麻酔から醒めていなくて、辛うじて首だけ座っているだけのフラフラ状態なのにガブガブちう)

ochibi_1208-07_20.jpg
うん、まあ、こればかりは仕方無い事だし、勘弁してくんない。

ochibi_1208-07_18.jpg


tanuki.jpg


これで少しは大人しいコになってくれるかね。

…無理っぽいなぁ orz
おっきい | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:8
(2007/12/08(土) 23:59)

 決行前日
今月に入り、生後半年を過ぎたおっきい、
愈々去勢手術をする月齢を迎え、手術の予定を入れるべく、
今日午後2時ちょい過ぎに罹り付け獣医へ連絡。
手術前に絶食をさせる時間も含め、
明後日に病院へ連れて行き、手術に至るものと思っていたのだが、
罹り付け先生、今すぐ来ても構わないってな感じで
「去勢手術ね、いつでも良いよ」との返事。

私:「じゃ、明日でも良いですか?」
医師:「良いよ」
私:「えっと、では何時頃が宜しいでしょうか?」
医師:「○○さんの都合の良い時間で構わないから」
私:「……(些か呆然)。あの…、午前と午後どちらの方が…」
医師:「どっちでも構わないんだけど、午前中の方が良いかな」
私:「はあ、では明日の午前中に伺います」

こんな具合に、いともあっさり
且つ、恐ろしく簡単におっきいの手術が突如決まった。
ってより、手術前に絶食とかさせなくても良いのか?
明日の朝も普通にごはん食べさせてエエのん?
まあ、開業して優に半世紀は経っている先生で、
病院改築前なんぞ「家畜診療所」だったし、
猫友さんやネットで見聞きする今時のおされな獣医さんとは
様々な面で異なる事が多々有るもんなあ。

あは、あは、こんな簡単でいいのぉ~~~?
拍子抜け+唖然としつつ、突如明日手術という運びとなり、
心の準備が出来ず、麻酔に対する不安もあり少しナーバスになる。

おっきい、明日手術だってよ。
タマ取って男の子だけど、男の子じゃなくなるんだよ。

おっきいは、な~にも気にせず元気に駆けずり回り、
人の手をがぶがぶ噛み、うんPの後にお尻を拭かれ
(クル病の上、プレミアムフードが手伝ってか、緩うん気味でうんP後にお尻を拭かないとかなりばっちい)
「はなせーーー!」と猫キックを繰り出したりと、いつも通りに大暴れ。

まだオチビのせいか、飼い主の気持ちを察知出来ないのか?
まあ、ナーバスが伝染して元気喪失されるよりマシかもね。

おっきいよ、明日の午前に手術決行だかんね
覚悟しなされ。


ねえ、おっきい、ちょっとお話があるんすが。



明日、去勢手術するけど、準備はいい?
ochibi_1207-07_01.jpg
キミのタマ取り手術ね。別名さくらんぼ狩りとも言う。

ochibi_1207-07_04.jpg
ゆで卵大好物だもんね。
って、おい、男の子じゃなくなるんだよ。覚悟は出来てるか?

ochibi_1207-07_09.jpg
大いに関係あります。
手術したら少しは気の強いのなんとかなるけ?
おっきい | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2007/12/07(金) 23:08)

前のページ 次のページ
copyright © 2005 グラスリッツェン・ガラス工房 Little Guardians all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。